2021/12/30 |
HOME > コラム , 舞台 >

観劇ログ2021

今年は11作品/19公演でした。比較的チケットもご用意されて(多方面に感謝)、やっぱ現場の空気よ、と改めて思いました。このまま各カンパニーの公演の灯火が消えることのないようにと願います。

はじめに

2021年は、2020年前半に起こった絶望の公演中止祭りに比べたら、少しだけ、ほんの少しだけ光の見える世界になったかなと思います。GWあたりはちょっとひどかったけど(見事に公演中止の煽りを喰らった)。

それでもまだちょっとだけ、観劇遠征は声を大にしていうのは憚られる感じはするけれど、やめへんで。

作品一覧

舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大阪冬の陣-/舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-@IHI ステージアラウンド東京

1回16,000円が吹っ飛ぶ作品を半年で7回も観るとは思わなかった!さらに言えば、そのうちの半分は豊洲のホテルに泊まったから余計にお金が飛んだ!お金溶かすの大好き!ご時世柄もあるだろうけど、刀ステでもテコ入れしなきゃやばいってなることあるんだね(学びを得た)。

半年間という長いスパンで刀ステを上演している世界を生きちゃったものだから、公演期間が1ヶ月無いと「短いな」と思うようになってしまったけど大阪の陣が異常だったという脳みそに戻したい。ともあれ各座組み、あれを3ヶ月やり抜いたの本当にすごいと思うよ……見事でした。面白かった。

維伝の頃から思ってることだけど、刀ステ本丸歩む穴ぼこだらけの物語のパズルのピースが徐々に埋まっていく感覚、心地がいいです。更なる謎が追加とか、劇場版とか、余計混乱する展開もそりゃあるんだけれども、兎にも角にも引き続きステ本丸の行く末を観ていきたいなと思います。来年の綺伝も1回ですが観れるので楽しみです!久々にお小夜も出陣してほしいけど、細川のお話なので綺伝にもお小夜いてほしかったけど、なんとなく、ステ本丸の歌仙が成長するにはお小夜と一緒じゃない方がいいんだろうなって思っています。

大坂の陣公演は、コロナによる公演中止の恐怖だけじゃなくステージ(ステアラ)機構の不具合による公演中止の可能性をも秘めた多方面に恐ろしい公演でしたけど、「外伝・真田十勇士公演決定!」の報をいつまでも待ってます。嘘じゃなく真実にしてくれ……真田十勇士が良すぎたよね本当に……。

DisGOONie vol.9 舞台『GHOST WRITER』@EX THEATER ROPPONGI

1年ぶりのDisGOONieにも行きました。気持ち的にはちょっと(だいぶ)複雑でしたけど、とにもかくにもMVP橋本祥平くんが恐ろしすぎました。いやーいい芝居だった。つらかったけど。スポットライトが当たるその先に、かの人がいない現実に打ちひしがれてしまったけど。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!”頂の景色・2″』@TOKYO DOME CITY HALL

昨年の“ゴミ捨て場の決戦”が完走できたので、よほどのことがない限り今回は大丈夫だろうと思っていたらよほどのこと(緊急事態宣言による東京凱旋公演の全中止とコロナ陽性者が出たことによる大千秋楽の配信中止)が重なって、ファイナルだというのに恐ろしいまでに不完全燃焼で終わってしまいました。悲しい。

半年以上たった今もこの気持ちをどこにどうぶつけていいのかわからなくて、ふと思い出してはしんどさを味わっています。彼らの100回と150回の公演を見届けたかった。本当に。

2022年はハイキュー‼︎10周年らしく色々と企画が盛りだくさんとのことですが、その中に演劇ハイキューも入れてもらえないだろうかとどうしても思ってしまいます。藁をもすがる気持ちってこんなかな。厳しいと思うけど。

ミュージカル『刀剣乱舞』-東京心覚-@日本青年館ホール

ジュウオウジャーでレッドを務めた我らが大和くんが刀剣乱舞界の太陽(持論です)ことソハヤノツルキとして顕現されると聞き、いても経ってもいられずチケットを取りました。ギリギリご用意されてよかった……。

とはいえ、刀ミュはガッツリとは履修していないのもあったし、東京心覚って難しいよね……?わたしにはいまいち話が掴めなかった……ごめん……。とりあえず、ソハヤと豊前が並んだらもう怖いものないなって感じなのはわかりました(戦隊レッドが2人いるという“強さ”を感じた)。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場

どういう流れでチケットを取ったのか全く覚えてないんですけど、なぜかレミゼを観に行きました。なんでだ……?濱田めぐみさんの芝居が観たかったのかな。多分そう。今まで全然意識してなかったんですけど、レミゼって全部歌なんですね……ごめんね気づいてなくて……。

芸術を浴びたって感じです。相葉くんも元気そうでよかった。

舞台『デュラララ!!』~円首方足の章~@COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

2020年前半の公演中止の波にのまれたきりかと思ったらまさかの復活劇を果たしたデュラステ。一部役者の変更などはありましたがデュラは片足突っ込んでる時期があったのでひとまず観ようと足を運び、新羅とセルティが尊すぎて帰ってきました。

安西さんの新羅が良すぎた。猪野くんの折原臨也も伊万里さんのシズちゃんも、というかみんな素晴らしかったです。やっぱりこう、「原作なりアニメなりを履修したうえで芝居をしてくれている」ことが伝わってくると原作のオタクはチョロいのですぐ好きになります。続きやるつもりのようなので、発表を待ってます。

宝塚歌劇 雪組公演 「CITY HUNTER」「Fire Fever!」@宝塚大劇場

大阪にはデュラステとヒロアカ展を観に行くつもりだったんですけど、ちょうど宝塚大劇場での公演期間が重なっていてチケットがうっかり取れてしまったので雪組さんの公演も見てきました。先日、 fusetter に書いた感想を焼き直しましたが、公演そのものは素晴らしいんだけど「Get Wild」の使い方があまりにも解釈に合わなくてちょっと気持ちが追いついてません……。いやだって「Get Wild」はどうしたってEDとして聞きたいじゃん……

舞台「鬼滅の刃」其の弐 絆@TACHIKAWA STAGE GARDEN

これも2021年だったんですよねぇ……。舞台とか言ってミュージカル要素多すぎてちょっと混乱しちゃうんですけど(無理に歌わなくていいのにって思う)、柱が揃った盛大な公演になりましたね。今回は伊之助の顔が出なかったのでちょっと残念です。「ゴメ“ン“ネ“、ヨ“ワ“グッデ」は笑ってしまいました(褒めてます)。

あとヒデ様(無惨様)のパワハラ会議は「初演の時からこれを待ってました!!!!!」って気持ちでした。あまりにも似合いすぎててどうしようかと思った(どうしようとは)。

鬼滅の舞台もどんどん進んでいますね。柱のキャストがこれっきりってことはないでしょうから、全てにおいて今からしんどいけれども、無限列車編の公演も発表されたことですし、心を燃やして強く生きようという気持ちです。煉獄さぁん……。

演劇調異譚「xxxHOLiC」@天王洲 銀河劇場

オールメール(全員男性キャスト)で「xxxHOLiC」って発表された時点で「ハ???????」って感じでしたけども、この作品はそこそこに大好きなので絶対に行きたいと思って久しぶりにチケット先行の応援も頼んで(多方面に感謝)、マルモロのWキャスト両方共観ることができました。感謝。

当初思ってたような演出・話運びじゃなかったけど(基本、短編オムニバスみたいな)、まぁ原作がそういう作りだからなーと思いつつ。無月がいないのは残念でしたけど、演出の松崎さんが出さないという判断をするまでにはきっと試行錯誤してくださったのだろうなという謎の信頼があるので、しょうがないかなって。アヤカシの類をいかに舞台上に表現するかって難しいのだろうな。見えないものを演ろうとするんだから、そりゃそうか。

本当は占い師のおばあちゃんの話も観たかったなとか色々ありますけど、ひまわりちゃんのお話とかも視野に入れてないわけないと思うので、いつかその日が来ることを願っています。今年観た作品、基本的に「その先」があるものばかりだからすぐ続報発表まだ〜?っていっちゃう。メンゴ。

しかし、大規模公演とは言わないだろうに侑子さんの衣装替えがお見事で……。こんなにコロコロ衣装変えてくれる2.5作品、観たことないよ……???すごい。お金のかけ方がすごい。

あと、百目鬼くんの足が長くて満足です。百目鬼役の松島くんは稲荷崎でもいい芝居をしてくれたので贔屓目で観ちゃうんですよね(宮侑だよ)。この先も頑張って欲しいなーって思う役者の1人です。話はそれますが刀ミュの大包平も楽しみです。知性がある大包平が観れるだろうと今からワクワクしています。

ミュージカル『刀剣乱舞』-静かの海のパライソ- 2021 @TOKYO DOME CITY HALL

これもどうにかこうにかチケット取れたやつなんですけど、いやすごくよかったです。すっごくよかった。語彙などない。すっっっっっっっごくよかった。

染丸(そめさんの鶴丸)・健丸(健人くんの鶴丸)・来丸(来夢くんの鶴丸)、みんな違ってみんないいと思ってるけど(鶴丸だけじゃなく、刀剣男士の個体差は全部いいなと思ってるけど)、思ってたより遥かに来丸が良すぎて、素晴らしすぎて、いやーーーーーえらいこっちゃーーーーって感じです。

刀ミュ本丸の物語もどれもいい話だなと思ってますが(とはいえ、ステほど真面目に追ってないので各作品を「単品」として観ているフシがあって各作品をちゃんと繋げて観ている目線があまりない)、パライソが一番好きかもしれないと思いました。すごいよかった。何度でもいうけどすっっっっっごいよかった。よかった分、しんどさもかなりのものだったけど。

いやはや、刀剣男士の成長物語って素晴らしいなと思いました。ちなみにわたしはパライソの他はむすはじが好きですね。涙を超えて強くなるみたいなのが好きなのか?知らんけど。

それにしても、あらすじとはほぼ関係ないけど豊前江は本当に彼氏の付喪神ですね。知ってた。顔がいい。それも知ってた。

僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage 本物の英雄 Plus Ultra Ver@TOKYO DOME CITY HALL

わーたーしーがーTDCホールに!!!!!きた!!!!!

2年かかった。ここまで来るのに2年かかった。発表されたのが2019年のジャンフェスだったので、マジで2年かかった。

演者各位のしんどさとか色々あったと思います。観劇する側のオタクなんかにはわかるはずもないしんどさがあったと思います。確かに時間はかかった。2年かかった。けど、それでもヒーローが帰ってきた。それだけで泣けました。 2020年の春に買っていた今回のヒロステサントラを、2021年の12月になってようやく解禁できました。音源買うだけ買って2年温存したことなんか人生で初だわよ。

ヒロステは2回観たんですけど、1回目の Overtune が流れた瞬間に泣いてしまいました。こんな嬉しいことあるかよって思っていました。楽しかったな。今回も、青山優雅がMVPで間違いなかったw いい芝居をしますね、彼は。

あと、今回から参戦の武子くん演じる飯田も素晴らしかったです。全く別作品の話だけど同じチーム(音駒)で戦った2人(武子くんと美慎くん)が今度はヒーローとヴィランとしてぶつかるという展開だったので演劇ハイキューのオタクとしてはそういう意味でも感極まってました。観れてよかったな……。2020年3月に上演された幻の公演も観たかったけどな……。

今作でようやくできた職場体験と期末試験。そして発表された夏合宿。いやー楽しみです。

今回兼役とはいえ口田も参戦したし次回は障子も参戦なので、A組全員集合できる日を待っています。尾白も砂藤も、待ってるよー!

ヒーローは!必ず来る!!!

ライブスペクタクル NARUTO うずまきナルト物語@日本青年館ホール

ジュウオウジャーでレッドを務めた我らが大和くんがソハヤの次はうずまきナルトを演るっていうからNARUTOなんかまともに履修したこともないのに観てきました。本当にそういうポジションが似合う役者だな、彼は……。あと納谷くんの我愛羅もよかったです。というかあのひょうたん背負ったまま側宙やるってどうなってんのよ。突然そんなことするからびっくりしたわ。

原作未履修で行っちゃったから「いい芝居をするな」とは思うんだけど「キャラクターの気持ちはいまいち掴みきれない」っていう状態でした。わたしの理解度のコンディションが非常によくなかったなーと思ってる。ごめん。

なんかわかんないけど、「だってばよ」って竹内順子さんがいうから成立すんだな。

おわり

以上、軽く2021年の観劇をまとめました!

休憩中に感想を殴り書きするのはずっと続けているんですがいかんせん1本の記事にするまでの文章にする筋力が落ちてしまっている……。毎年同じこと言ってるけどブログを更新したくない訳じゃないのでどうにかしたいな……

おしまい。

同じカテゴリの記事

コラム 舞台

フォロー/シェア

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事