2019/01/29 |
HOME > 写真 , 手帳 >

【Win10】手帳用に写真や画像を印刷する方法まとめ

iPhone(スマホ)で撮影した写真たちを手帳に貼るためにどうやって印刷していくか、1つの手段をお届けします。
Win10のパソコン、印刷したい写真や画像、プリンター、紙があればOKです。

はじめに

ほぼ日手帳もどきからスタートし、システム手帳に落ち着いたわたしの手帳ライフも6年目に突入しました。

手帳にいろいろなものを貼りたい人、デコりたい人には読まれているのかな?と思われる、#ほぼ日手帳 に写真を貼りたい人へという記事があるのですが、こちらの記事はinstagramにpostしたものをどうやって印刷すればいいか、という一つの案を解説しています。

ですが、Igにpostしたもの以外でも、貼りたいものって増えていきますよね。スクショとかスクショとかスクショとか。
今回は、 iPhoneから保存した写真や画像Win10のPCとプリンターを使って印刷する方法 について、参考までにわたしのやり方を書き記したいと思います。
後々記載する「2 in 1 印刷」が、Win7のPCを使っているときは表示されなかったので「Win10」と注釈をつけています。もしわたしが見落としている機能だったらごめんなさい…。でももう時代はWin10だからいいよね。いいってことにしてください(逃げ)。

完成図

今回は、A4の紙大きいサイズ(スクリーンショット…80×45mm、4:3の写真…80×60mm)のものを3枚 と、 小さいサイズ(スクリーンショット…55×30mm、4:3の写真…55×41mm)のものを9枚 、合計12枚を印刷する方法を説明します。

が、この配置はあくまで一例ですので、大きいサイズ9枚のみとか、小さいサイズ18枚とかでも可能です。自分の印刷したい写真をどの大きさにしたいかでご調整ください。

用意するもの

  • Win10がインストールされているPC(我が家ではSurface Pro 6)
  • iPhone(スマホ)で撮影、保存した画像データ各種
  • プリンター
  • A4の紙

そりゃそうだろって感じなんですが、一応ね。
わたしがiPhoneユーザーなので、サンプル写真やスクリーンショットのサイズ、出てくるものはすべてiPhone版だと思ってください。
あとはお持ちのスマホで撮影したものが16:9なのか、4:3なのか、はたまた別の比率なのかで計算してくださいね。

次からやり方を説明しますが、スマホからPCに写真を保存する方法については端末によっても異なりますのでご自身でお調べください。
わたしは、iPhoneをPCに接続→画像と動画のインポートから行っています。

連番で全部印刷したい場合とそうじゃない場合があると思いますので、スマホから写真を取り込んだら撮影したいものだけを入れるフォルダを作り、そこで作業するとやりやすいと思います。
わたしは、デスクトップ上に「*print」というフォルダを作成し、データをコピーして作業しています(印刷が終わったらコピーしたデータは削除)。
※元データは消さないように注意してくださいね。

やり方

大きいサイズ3枚を印刷する

どちらが先でもよいのですが、わたしはまず大きいほうから印刷しています。
取り込んだ写真を3枚選択→印刷を選びます。

印刷のダイアログが開きますので、紙の大きさはA4、種類はお好きなものを選んでください。

コピー用紙であれば「普通紙」で大丈夫です。品質は「きれい」のほうがなんとなくキレイに仕上がる気がします。コピー用紙を使うけれど印画紙を選択、品質を「きれい」にすると、インクが濃く出る気もします。ここはお好みと試行錯誤で好きな感じを見つけていってください。

次に、右カラムの「ウォレット(9)を選び、下のほうにある「写真をフレームに合わせる」のチェックは外します。ここにチェックが入った状態だと、短いほうを基準に印刷範囲いっぱいに広がった状態になります。
チェックを入れたり消したりすることでプレビュー確認ができますので、余白がいらない人はチェックを入れたままにしてください。

紙のサイズ、品質、種類を選び終わったらこの3枚のみで印刷します。

小さいサイズ9枚を印刷する

続いて、大きいサイズ3枚分が印刷された紙に、今度は小さいサイズ9枚を印刷していきます。
印刷するスペースは先ほどの画像の「こっちのスペースは次で使います」の部分。プリンタに紙を差し込む方向や表裏についてはお使いのものによって異なります。
同じ紙を使いますので、大きく3枚を印刷した真裏に小さい9枚を印刷してしまわないように気を付けてください。

さて、印刷したい9枚を選択したら同じように「ウォレット(9)」を選び、「写真をフレームに合わせる」のチェックを外します。

次に、右下の「オプション」>「プリンタのプロパティ」を開きます。

プリンタプロパティを開いたら、「クイック設定」>「文書印刷」を選び、「追加する機能」の 「2 in 1 印刷」 にチェックを入れて「OK」を押します。

これで準備完了ですので、「印刷」ボタンを押しましょう。

できあがり

そうして印刷されたものがこちら。

サイズ感など書き込んでみましたのでご参考までに。

おわり

印刷が終わったものを数ミリ大きめに白フチありの状態で切ったり、フチなし→かどまるProなどのパンチで角を丸くしてみたりして、手帳に貼り付ければ完成です。
わたしの場合だと、ここにprinklの15枚サイズをA5に印刷したものが加わったりもします。prinklに関しては冒頭にお伝えした下記の記事をどうぞ。

#ほぼ日手帳 に写真を貼りたい人へ

今回のやり方でA4サイズに9枚印刷するもよし、18枚印刷するもよしです。先ほどの「2 in 1 印刷」を「4 in 1 印刷」にするともっとたくさん印刷できるはずですが、試したことがないです。

そこまで小さく印刷するなら「ウォレット(9)」じゃなく最初から「コンタクトシート」という手もありますし、そのレベルの枚数ならばIgに投稿してprinklでいいかなと思うので…。
Igやってないし!とか、とりあえずどんなサイズになるか気になるって人はチャレンジしてみてください。

あくまでもレイアウトの1つとして、どなたかの参考になったらうれしいです。
A5サイズの紙に写真や画像をたくさん貼るには、すべてが大きいサイズだと貼り切れなかったり、小さいのばかりだとメリハリがないなと思ったりしたので、今はこの枚数に落ち着いてます。
ここぞという画像は大きめに、Igに投稿してないんだけど貼りたい写真が結構ある、なんて時にはおすすめです。

本当は印刷したものを貼ったページなどご紹介できればいいのですが、いかんせん俳優各位がpostした舞台のオフショの写真を帆損したものかサーヴァント召喚したときのスクショか、みたいなページばかりなのでごめんなさい…。個別にご連絡いただければお見せできることもあるかもしれないです。

それではみなさま、よきプリントライフを~。
おしまい。

同じカテゴリの記事

写真 手帳

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事