2018/12/31 |
HOME > 旅行記 >

#てち旅録 _ 年内最後の一人旅/近畿中国遠征 京都の段【DAY.3】

去年書ききれなかった旅行記を日付詐欺で書きます!その3。これでラストです。

はじめに

2018年11月にものすごい物量をぶっこんだ遠征の三日目、最終日です。最終日は帰りのバスの時間までずっと京都で過ごしました。

関連記事

この遠征をするにあたった経緯はこちら:年内最後の一人旅/近畿中国遠征【DAY.0】
一日目の様子はこちら:年内最後の一人旅/近畿中国遠征 _ 福山・倉敷編【DAY.1】
二日目の様子はこちら:年内最後の一人旅/近畿中国遠征 _ 京都編【DAY.2】

駅前でモーニングを

前述のとおり、2泊目のホテルではチェックアウト後の荷物預かりはなかったので、駅前のコインロッカーを死守すべく7時半ごろにはホテルを出ました。

View this post on Instagram

最終日です。 オタクの朝は早い

A post shared by タチバナ tachibana / TC (@tcbn_) on

前々から京博でかなりの時間を費やすことはわかっていましたので、荷物をロッカーに入れた後は朝ご飯を食べに行きます。
京都に来たからには和食、なんてこともなくスモークサーモンを美味しくいただきました。

「京のかたな展」へ行く

刀剣業界が命をかけて計画していた「京のかたな展」。よく調べてないものの、この展示計画は『刀剣乱舞』という作品が世に生まれる前から計画されていたらしいですね。
刀剣乱舞がなければここまでの話題づくり等できなかったのではないかとも思いますので、いやはや作品パワーというものを思い知りました。

View this post on Instagram

A post shared by タチバナ tachibana / TC (@tcbn_) on

モーニングを食べたあと9時前には京博についたのですがすでに長蛇の列。
タイミング的に展示最終日にいくことになったので余計にそうだったのかもしれませんが、オープンまで1時間以上の時点でこの人数かぁとたまげたものです。

京博内の建物でコラボイラストや等身大パネルの展示も行われていましたが、まずは本展へと向かいます。
10時過ぎに入場し、コインロッカーに荷物を預けて観終わったのは13時手前。
ゆっくりじっくり鑑賞しましたし、刀剣乱舞コラボの音声ガイドを何度か繰り返し聞いたりもしていたものの、まさか2時間半以上見ていたとは思いもせず、時計を見たときは素で驚きました。
これでも、三日月宗近を間近で見る列からは1っ歩外側で見たりしたので、これで三日月宗近にも並んでいたらおそらく14時くらいになっていたかもしれません。

刀剣の展示も音声ガイドもとても楽しく鑑賞できました。一番印象に残っていたのは膝丸のガイドです。どうしても言葉として書き留めておきたくて、膝丸の近くにあったベンチに座りながらメモ書きをしました。

後期の来場となりましたので髭切と膝丸が並んでいるのを見ることはかないませんでしたが、ツイートした通り「ここに兄弟で並んでたんだなぁ」と思ったら妙にグッと来てしまい泣きそうになってしまいました。

本展のあとは刀剣乱舞コラボコーナーへ。写真をとりあえず大量に撮影して終わりです。

二条城へ

さて、京博の後のことを何も考えていなかったのでどうしたものかと思ったのですが(昼ごはんもくいっぱぐれてしまった)、とりあえず乗ったのがちょうど二条城前に止まるバスに乗っていたので前回の刀ステ観劇遠征のときに体力消費に負けて諦めた二条城に行ってみることにしました。

明治維新150年かぁ……まだ150年しか経ってないんですね。変な感じ。
城の中を見学しながら、義輝様はこちらを歩いたりしたのかなぁなどと思いを馳せました。現地のおじいちゃまおばあちゃまがガイドをやってらっしゃるのですが、英語ペラペラで海外の方へ説明していたりして、「京都……グローバル……!」と思ったりもしましたね。
いやすごいよね……歴史の説明するって、専門用語とか結構ありそうだから英語で説明するの大変そう。

おわり

二条城をぐるっと回った後は建物の外観でどうしても気になっていたカフェに行きたいなぁと思いつき、二条城前から烏丸御池まで地下鉄で向かって記憶を頼りに歩き回ってたどり着いてみたらフツーのDEAN & DELUCAだった、とか、コーヒー休憩の後は「京都ショコラ菓房 牟尼庵」で高級チョコレートを買ったりして過ごしました。

この建物レトロですごく気になってたんですよね……。

店名までわかってたらここまで一生懸命探さなかったんだけどまぁいいか。

あも、牟尼庵のチョコレートは本当に本当においしいのでお勧めです。1粒700円くらいするんだけど……。
松屋銀座の地下にも出店してたりするんですがセット売りしかしてなくて、自分で好きな味のものを選んで買えるのは京都本店だけなので、京都に行くとたまに足を運びます。
「これから東京に帰るんですが……」と一言添えると、ドライアイスを多めにつけてくださる場合もありますので、持ち帰りたい方は相談してみてください。

夜はみやこみちにあったお好み屋さんで唯一の京都っぽいごはんを。

牡蠣入りのものを注文したらソースではなくお醤油仕上げだったので、豚玉も食べればよかったなーなんて。お好み焼き大好きなんで一度にいろんな種類のお好み焼きを食べたいです。

荷物整理してて気づきましたがこのボリュームの本を2冊、関西から持ち帰ったのはわりとあほの極みですね。いいんだけど。早く読み進めたい。

これが2018年最後の旅行でした。
大学のとき、タクシーの運ちゃんに「京都の紅葉は11月末~12月がいいよ」と教えてもらってからようやくちゃんと、教えてもらった時期にこれたなーと思います。
何かにつけて京都に行きたがるミーハーなことは自覚していますが、やはり行くたびに京都は楽しいし面白いです。

2019年も、たくさん京都に行きたいですね。
おしまい。

同じカテゴリの記事

旅行記

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事