2018/11/17 |
HOME > 手帳 >

#ずぼらシステム手帳 ロロマクラシックのキロク/ #手帳会議2019

東急ハンズ、ロフト、その他ステーショナリーコーナーが来年の手帳で賑わっていますね。11月ともなると既に来年の手帳を購入済みの方もいらっしゃると思いますので、この手の話は多少出遅れ感があるのですが、まぁ毎年書いてきてるんで今年も手帳会議2019についての投稿です。

はじめに

最初に結論を言ってしまうと、来年も変わらずシステム手帳・ロロマクラシックA5/ダークブラウンを使っていきます。

ですが、日常のログ残しは自作テンプレではなく、既存商品のバーチカルレイアウトにします。
ただ、システム手帳用のリフィルとして販売されているバーチカルレイアウトではなく、糸とじの冊子を解体して穴を開けてセットしています。今回はその辺についてを主軸にまとめます。

Googleカレンダーもカレンダーアプリも使っているけれど、やっぱり手帳(というか紙)というアナログが好きだなぁと思います。手帳に書き込むってワクワクしますよね。

わたしのなかで「手帳」というものは基本的には読み物です。なので、書き込みも写真を貼ることも全部、読み物を1年かけて作っている感覚です。そういう作業が好きだからチケットの半券を貼ったり写真を印刷して貼ったりしていますが、わたしはそれを「マメ」だとは思っていません。だけれども、会社の上司や同僚からすればそれは「マメ」に値するようで首を傾げてしまうこともあります。

まぁ結局は価値観の問題なのでしょうが、わたしは各ページを華やかにデコったりするセンスはないし、好きとは言っても疲れてると書くことを放棄するし、こまめにinstagramにpostもできないので #ずぼらシステム手帳 と呼んでいます。

とまぁぐだぐだ書きましたが、正解がないこの世界で自分のやりたいように書いて・作っているものが少しでも誰かの参考になるのならば、こんな嬉しいことはありません。

こう言った手帳の中身系の記事は基本的に自分のための備忘録です。どのラインから「ずぼら」と呼ぶかをはっきりさせるのは難しいと思ってます。
だから、もしこの記事を読んでくださっているあなたが「手帳が好き」という気持ちをお持ちなら、それだけで十分です。「こういう書き方してないから自分はずぼら以下」とか余計なことは考えず、自分のやりたいようにやればいいんです。

いろいろ整理した結果、重さは970g!増えた( ˘ ˘ )

これまでの定点観測など

#ずぼらシステム手帳 を公開します~ロロマクラシックを使い始めて5ヶ月の記録~
#ずぼらシステム手帳 を公開します~ロロマクラシックを使い始めて7ヶ月半の記録~
#ずぼらシステム手帳 を公開します~ロロマクラシックを使い始めて9ヶ月目の記録~

COATED DESIGN GRAPHICS/A5 VERTICAL DIARYを導入します

多分、カバーとか自分で好きにつけたい人のための商品なんだと思います。これで900円(税抜)なので、システム手帳用のリフィル買うより全然安いです。

解体の様子

大体4枚(8p)で1ブロックが閉じられていますので、糸を切って各ページを抜いていきます。一番外側(各ブロックにおける表1と表4)は、背表紙に糊付けされているので、根気よく丁寧に外していきます。ここで焦ると水曜木曜のワクに大打撃が出ます。丁寧にやりましょう。

糸とじの手帳をシステム手帳にで使うことのデメリット

これは当然のお話なのですが、糸とじ手帳は本来穴を開けて使うことを想定してデザイン・制作されていないので日付が書いてある部分、時間軸部分などが問答無用でなくなります。

あと、ノドの部分もギリギリです。なので、そういう見た目になるのがが嫌だなって人にはオススメしません。

マンスリーのこと

今回の手帳に出会うまでは、来年もカスタムダイアリーステッカーを使うつもりだったのですが、こちらも変更しました。
変わったことといえば、見開きになったので舞台の公演予定などの期間予定を書きやすいです。

これまで複数日に渡る予定はセリアで買ったフィルム付箋を使っていたのですが、油性マジックかシャーペンじゃないと書き込めなくてちょっと不便だったので、cocofusenを導入&いつも使っているSTYLE FITに油性ボールペンの芯を追加しました。今はブラウンブラック0.28、ブルーブラック0.28、オレンジ0.28、ブラック(水性)0.28、ブラック(油性)の5本になってます。

cocofusenは、舞台の公演予定はピンク・他は紫にしてますが、なくなったら別の色に変えまーす。

クリップ付きを買ったので、ど頭に挟んでみました。

ウィークリーのこと

10月2週目まではエクセルでチャッと作った自作テンプレートをA5のリフィルに印刷してバレットジャーナルもどきで使ってたのですが、Youtubeでシステム手帳ユーザーさんの動画を見てるうちに「バーチカルレイアウトっていいな……」と思い始め、その取っ掛かりとして今年のジブン手帳を使ってみました。
よく確認せずにbiz miniを購入していたため10月〜11月はサイズが理想より小さいのですが、テストモデルだからまぁいいかという感じです。

起床/就寝時間を別で書いてたけど時計のシールを塗りつぶした方が睡眠時間分が一発でわかっていいなとか、わかってる予定を先にブロッキングしとくのいいなとか、その辺を変えてます。

あと、バレットジャーナル風だとその日のうちにやりたいこと・やることはいいとしても「2週間後の番組予約」みたいな未来の予定を書き込む場所がなくてですね(我が家のレコーダーはそんな先の予定まで追えない)。
バーチカルだと、未来のこの日にやることも思いついた瞬間書けるので気に入ってます。

ジブン手帳は0-24時でしたが、来月から本格導入するバーチカルの時間枠は7-24時です。わたしは24時間分の細かいログをつける気はさらさらないのでこのくらいあれば十分かなーと思ってます。

ブロックした予定以外の空いたスペースにはその日やることとか適当に3行日記とか書いたりもしますが、疲れてて手帳開いてない日もあるし書いてない日ももちろんあります。
義務になってしまうと続かないので、「手帳に書き込まなきゃ……!」は捨てるようにしてます。

おわり

以上手帳会議2019でした。デイリーログのチケット半券貼ったりなんだりは変わらずなので書いてません。既存のバーチカルにしたことで、以前買ったMARK’Sの書き込めるマステがお役御免になってしまったのですがそれをデイリーに持ってこようかなと思っています。

あ、ディバイダーは作り替えました!

まだしばらくはこれ使う予定。会社でラミネートして作りました。お気に入りです。
ポスターじゃなくて、全部クリアファイルかポストカードにしてくれたらいいのになって思ってます。

だらだら下書きの時間が長くなってしまったのて久々更新でした。
本格始動したらまた書きたいですね。頑張ります。

同じカテゴリの記事

手帳

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事