2016/07/15 |
HOME > 旅行記 >

初めてのDLR旅行記:事前準備編(2/3)/iPhone、ガジェットのこと

さて、事前準備について2つ目です。
旅費と日程の話を終えたので、次は実際に私がやったこと、準備したものを書き出してみます。
この記事はほぼiPhone関連のことしか書いてませんので、作業量的には軽めのジャブです(?)

初めてのDLR旅行記:事前準備編(1/3)/ 旅費・両替のこと
初めてのDLR旅行記:事前準備編(2/3)/iPhone、ガジェットのこと ←この記事
初めてのDLR旅行記:事前準備編(3/3)/荷造り、ESTA、リストの書き出し
アナハイム旅行記まとめはこちらもどうぞ

時計アプリでワールドクロックを設定する

地味な作業ですが、まず、iPhoneに入っているデフォルトの時計アプリのWorld Clockタブにパークがある場所を登録しておきます。

今回の旅においてはロスだけでよかったのですが、ついでに全世界のパークがある場所も登録してみました。香港と上海は一緒だねwそりゃそうだ

ちなみにフロリダは検索しても出てこず、どうしたもんかなと思っていたのですが、マイアミで登録するということを教えてもらいました。なるほど!
東京(TDL/TDS)、ロス(DLR/DCA)、マイアミ(※フロリダの代わり。WDW)、パリ(DLP)、香港(HKDL)、上海(SHDL)。いやー、いっぱいありますね。
現地から日本に連絡するときとかも便利です。

ディズニーランド・リゾートのアプリをインストールする

このアプリをダウンロードするにはUSのiTunesアカウントが必要(USのiTunesストアでしか買えない)ですが、ディズニーランド・リゾートの専用アプリがあります。

アトラクションの待ち時間や発券中のFPの時間、キャラグリの時間、ショーの時間や場所、レストラン、各ショップの場所などを簡単にチェックできるパークの公式アプリです。

舞浜もこれ見習ってほしいけど、こんなん作ったら混雑待ったなしだろうなー…。

USアカウント作るのは面倒ですが、これがあるのとないのとでは、現地での動き方にだいぶ差が出ると思います(ParkHopperつきにしていたらなおさら)。

↓例えばこれアトラクションタブ。

待ち時間をタップすると、待ち時間以外にも発券中のFPの時間、身長制限、対象年齢、ライドのタイプ (ハイパースペースマウンテンの場合は「Small Drops,Thrill Ride,Dark,Laud,Scary」)などがまるっとチェックできます。

ダウンロード方法

(※iPhoneの場合。Androidはわかりません、ごめんなさい)

1、iTunesのUSのアカウントを作る(面倒だけど時間はそんなかからないのでググってやってみてね)
2、iPhoneのAppStoreアプリでログインする
3、ログイン時に「このアカウントは日本のiTunesストアじゃ使えないからUSストアに移動すんね」というダイアログがでるので、OKをタップ。
↓これね

4、「disneyland」で検索して、一番最初に出てきたアプリをダウンロード。おしまい!
↓検索結果

ちなみに、このUSのアカウント/USストアでWDW、香港、上海、パリの公式アプリもダウンロードできます。

なおApple Musicを使ってる端末でやると音楽が吹っ飛ぶそうなので、その辺の対策はTIKIKITI.jpさんの記事を参考にするといいと思います。
(わたしはApple Music使ってないからよー知らん。)

さてこのアプリ、日本でダウンロードしてから毎日見てました。主にキャラグリタブを。誇張表現じゃなく、毎日。「あー、ここに行くんだ~~~~」って思いながら毎日見てたんですよ。本当に本当に楽しみだったから。

DLRのキャラグリはすべて整列グリで、人気のキャラ(現シーズンだとズートピアやMARVEL)だと列がめっちゃ伸びて時間内に行ったけどラインカット、なんてこともあるので(それはそれで、聞けばキャストさんが次は何時にどこって教えてくれるんですが)、アプリで時間と場所をチェックしつつ時間には余裕を持って行くといい感じにグリができるのではないかと。

整列グリと言っても舞浜にくらべてとても平和だし、キャラとたくさんおしゃべりもできますし、ワンショ撮ってから一緒に、もできますし、アメリカのキャラグリは自由度高いです。
これは現地レポでも書きますね。

ガジェット関係の確認と準備

さて次。↑のアプリの件もありますし、そもそもiPhoneが無いと死にいたるので、端末はiPhone 6s(メイン)、iPhone 4s(音楽プレーヤー)、iPhone 5s(サブのカメラ)の3台持っていきましたが全然使わなかった…。

さらにiPhone4sは音楽だけでなく、何本かオフラインでも見れるように Amazonビデオ(プライム無料)の作品をダウンロード。シンケンジャーの好きなエピソードとかとかダウンロードしたけど、結局1本も見なかったよ

メインとなるiPhone6sは渡米前にはPCにiPhoneのバックアップを取り、写真などはがっつり消して容量をなるべくあけておきました。
わたしは軽率に写真を撮る民なのでiPhone6s(64GB)つかっててもここだけはめちゃくちゃ不安だったんですがその不安は見事的中…。軽率に動画撮りまくった結果、パーク最終日のPtNを前に容量が不安になる事案も発生w まぁ、1日目に撮ってたから結局動画はやめて写真だけにしましたけども…。
容量との戦いは今後の課題です。

端末以外の装備

並べてみるとAnker厨っぽいね。偶然ですよ。

6月にAnkerの格安タイムセールに遭遇したのでAnker PowerCore買い足して2個持ってったんだけど、結局つかったのはAnker PowerCore13000のモバブだけでした。心配しすぎてた(といいつつ、またアメリカ行くってなったら2個とも持っていくと思うけど)。

ACアダプタは折畳式プラグ搭載のものではなくメガネプラグが必要なタイプです。もともとの所持品なので(自宅と会社で1個ずつ設置してる)特に買いなおしたりはしてないですが、今からこういうポートの購入を検討する場合はコンセント直のものを選んでもいいと思います。

ケーブルが長い分枕元における、とか、プラグ(持ち物)が1つ増える、とか、それぞれにメリット・デメリットありますので、自分にあったものを買うといいです。

ついでに言うと、私が持ってるのはUSBハブが5口のものですが、2016年6月現在だと6口のものも出てます。世界は日々進んでいます。
そのほかに持って行ったのは

  • たこ足コンセント
  • Lightningケーブル2本
  • マイクロUSBケーブル3本

でした。これだけでもかなり重いよ……。

あとカメラのSDカードは16GBを3枚用意し、これも旅行前に中身整理していきましたがほぼ使わず。
なぜならほとんどiPhoneで済ませていたからです……!
iPhoneはぱっと撮ってすぐinstagramに投げられるからもうカメラ出すのめんどくさかったんだよね。

ちなみに今回の旅行でinstagramに投げたのは6日間で150弱でしたが、ところどころpostを我慢したタイミングもあったので、まだまだ本気ではないです。

レンタルWi-fiを手配する

わりと実況厨なので、電波が無いと死ぬと思い手配しました。これもTwitterでつぶやいたときにぺろっと教えてもらったところです。

1日250MBのアメリカ本土4G LTEプラン、オプションは安心補償パック フル。プランはIGへ写真1枚アップがだいたい5MBと聞き、まぁ1日250MBあれば十分かなと。

費用は、成田空港でレンタル/返却を行い、上記オプション/プランを7日間で1万円弱でした。出発の3日前までは費用なしで変更、キャンセルができるので、日程が決まった(飛行機やホテルを抑えた)ときに軽く検索しておいてもいいかもしれません。1ヶ月以上前に予約しとくともうちょい相談できたりするみたいです。

先述のとおり、モバブはすでに2台持っていますので、オプションとしてつけませんでした。それだけでも価格変わります。
まぁそれでも一緒に行ったお2人に「高い!」って言われたけど、つながり具合はド安定でした。

ついでにいうと、今回宿泊したモーテルのフリーWifiもかなりの安定感を誇っていて、Soundsational Paradeの動画などはホテルからpostしていました。
昼で250MB使い切っても夜はモーテルで安定の電波がある、という安心感は大変にありがたかったです。

何人かでの旅行で別行動はしない、というのであれば、1日500MBのプランで申し込んで割りカンとかもありだと思います(今回は全員別々に準備してたので、それはそれで別行動がしやすかったという利点も)。

au(国内回線)のこと

あとで多額の請求とか来たら怖いので(ビビリ)、WiFiルータを手配しつつ、一応、auショップにも行きました。
なにやらソフトバンクでアメリカ放題がどーたらという事件が勃発しているそうで、auショップに行っておいてよかったです…。
聞けた内容は以下のとおり。各項目、別途申し込み等は必要ないとのこと。

  • 現地等でWi-fiルータを使わなかった場合の通信料は1日最大2980円
  • 通話に関しては米⇔米、米⇔日ともに140円/分、米⇔それ以外の国だと210円/分
  • 通話の場合、着信しただけでも着信量165円/1分が発生する

LINEの通話機能もありますし、今回は離陸前にモバイルデータ通信はオフにしたまますごして、結局のところ電話使ったのは帰りのUber呼び出し時の着信のみでした。
(ついでに告白しておくとパーク初日にWifiルータをモーテルに忘れるヘマをしたんだけど(……)、同行者のルータに繋がせてもらってました)

各キャリアでいつどんなプランの変更が入ってるか逐一把握するのは難しいと思いますので、旅行前に一度ショップに行ってもろもろ相談しておくのは大事だと思います。

おわり

以上、iPhoneやらガジェット周りの事前準備についてでした。
事前準備編の最後は絶対にやんないと行けないこととか、荷造りについてまとめます!

つづく。

初めてのDLR旅行記:事前準備編(1/3)/ 旅費・両替のこと
初めてのDLR旅行記:事前準備編(2/3)/iPhone、ガジェットのこと ←この記事
初めてのDLR旅行記:事前準備編(3/3)/荷造り、ESTA、リストの書き出し
アナハイム旅行記まとめはこちらもどうぞ

同じカテゴリの記事

旅行記

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事