2016/05/22 |
HOME > 舞台 >

舞台『刀剣乱舞』感想まとめ。

キャスト発表で死に、ビジュアル発表で三度死に、もうどうしたらいいのかわからなくなった恐怖(いい意味でね)の舞台「刀剣乱舞」を見てきました(ライブビューイング)

2017/6/13追記:
『刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜』の観劇感想まとめを書きました(※ネタバレ全開につきご注意ください)。

とりあえずまとめ(?)

そこに刀剣男士たちがいて、2.5とかじゃなく3だったなってひしひしと感じています。本物でした。誰一人「役者が役を演じている」感がなかった。本当に素晴らしかったです。
ハイキューといい刀剣乱舞といい、いい舞台を見れる幸せたるや。ありがたい。舞台を見るのが好きでいてよかった。この世界を知れなかったら人生損してたかもわからん。

とうらみゅもそうですけど、「いかにして刀剣男士が近侍として成長していけるか」ってこの刀剣乱舞という作品中ではキーポイントになるんですかね。刀剣男士にとって「近侍」は大事なんだよ、と言われている気がしたというか。
うちの本丸はわりとちょこちょこ変えるのですが、もう少し「君に近侍を任せるんだよ」という気持ちでやってみようかなぁ(なんの話だ)。

とりあえず思いつくままにツイートしたものをベースに書きなぐっていますので、文章もおかしいし記憶違いなところがたくさんあると思いますがご容赦ください。ライビュのカメラワークもよかったし、とりあえず9月発売の円盤は買おうかなって思ってます。

殺陣のこと

この手の(?)舞台を見るときって、わたしは割とアクションに注目しがちなのですが、殺陣のシーンでは1vs1、2vs1、1vs複数などなど、バリエーションが豊かで、立ち回りから何から、殺陣が始まるたびにワクワクしました。

殺陣が1番美しかったのは三日月、ものっそ動いてたのは小夜ちゃん、個人的に好きなのはいちにいかなぁ(ちなみにドエロイのは宗三さん)。
長谷部vs光忠とか鶴丸&光忠とか、鞘を一緒に使う演出もめっちゃ良かった!しかし残念なことに腐ってもるろ剣ヲタであるがゆえに内心で「飛天御剣流 双竜閃!!!!」とか思ってまじすんませんでした(けなしてません、本当です)。

殺陣では割と粟田口兄弟(2人)と左文字兄弟(2人)が続くというか、順番的にまとまってることが多かったように思います、好きですそういうの。んで、話の流れ上、宗三さんとニキが別行動になるのは当然なんだけど、粟田口と左文字で流派がそれぞれ3人もいるんだから揃って殺陣やってるシーンガッツリみたかったなーーーってのはちょっと思っています、どうやって戦うのかすごく気になる。三兄弟がそれぞれがある程度の時間そろってたの、小夜ちゃんの手入れシーンだけだった気がしているので、そこだけはちょっと残念です。

殺陣&兄弟といえば、まんばちゃんが不動くんを案内してたときの手合わせ実演シーン、江雪兄様が小夜ちゃんを見る表情か最高すぎて和睦しかなかったです……その横でいちにいとずおも手合わせ訓練実演をしていたワケですが、なんかこう同じ兄弟というくくりでも表情とか姿勢とかが当たり前だけど違うんだよってのをまじまじと見れて嬉しかった。最高でした。江雪兄様にぺこってお辞儀する小夜ちゃんが見れたのは夢じゃないと信じています(もはや興奮によって記憶を失いかけているので)。

最初の方で全員が名乗る時(オープニングかな?)のポージングがゲームの立ち絵そのままで「ヘアッッッ」ってなったんですよね、いやホントに、 オープニングかっこよかったなーー!!!12人の布陣最強すぎ………。
で、だいたいそういうときって小夜ちゃんが最前列で姿勢を低く構えてるのですが、最高にかわいいんだこれがまた

紅白戦のチーム分けのときとか、二部隊で出撃ってなったあとの刀剣男士一列に揃い踏みの絵もそうですけど、全員揃ったキメのシーンは本当に圧巻だった……もともと戦隊が好きだし、登場人物が一列に並んだあとの名乗りに弱いんです。最強にかっこいい布陣でヒロチカ様が「刀剣乱舞、始めよう」とか言っちゃったらもうダメです、刀剣乱舞始まりました。始めないわけにはいきませんよね!!

オープニングの名乗りでは通常の立ち絵のポーズで、二部隊でってなったときの名乗りはちゃんと出陣のときの立ち絵のポーズが意識されていたように思います。(※静止するためには重力に逆らうポーズもあるのでその辺は脳内変換でカバー)
いやはや、ブロマイドもそうだけど、ちゃんとゲームからそういうの引っ張ってきてくれるの最高です。ポーズは細かく全員分は覚えてないですがアーカイブとか円盤で見直したら違うかもしれない、そん時はすんません。なんか見えた気がしたんだもんよ

キャラのこと

全キャストを通じて、「本物がいる」という感覚が間違いなくあったのですが、特に三日月と光忠はもう疑う余地なしという感じでした。意味わからん。

三日月宗近

ヒロチカ様は一体なんなんですかね、あの人は。所作が全て三日月でした、そしてCVが鳥海浩輔でした。殺陣も本当に本当に美しかった……さすが天下五剣と言わざるをえないです。強い。美しい。さらに言えば、お辞儀の仕方も美しかった。よきかな、よきかな。

あとヒロチカ様のなにが最高だったって、あれですよ、通常衣装のお辞儀と内番衣装のお辞儀でああも変えてくるかね??というところです。わたしLVしか見てないのですが、内番衣装のカーテンコールは大千秋楽のみだったのかな……?内番衣装も嬉しかったけど、三日月の通常衣装のお辞儀をもっと見たかった……(でも柿を持ってる小夜ちゃんは最高にかわいかった)。

いやしかしそれしかいうことないのかよって感じですけど、ヒロチカ様は汗まで美しくて何事かと思いました。
マリチカ氏(※とうらミュの三日月)も美しくて、それはそれで三日月なんだけど、ヒロチカ様を目の前にするともうなんも言えない、語彙力を失う……立ち振る舞い、表情、すべてが三日月宗近で、さらに鳥海さんの声帯を装備していて、あれ以上の三日月には会えないんじゃないだろうか……(※決してマリチカが三日月に見えないとかそういうことではないです。マリチカはマリチカで天下五剣の美しさを持ってると思います)

それでいて、そんなに麗しくて三日月宗近そのものである人が、弱虫ペダルでは荒北をやってたとか、本気で「嘘つくなボケ!!!」って言いたくなるけど嘘じゃない、それもそれできっと存在したし本物だったんだろうと思います、ヒロチカ様を目の前にするともう次元がわからなくなる…なんなんだろうあの人は。これ以上の役者はいないとすら思います。
あぁ、ペダステ見たくなってくる(廣瀬智紀くんの巻ちゃんも相まって割りと見たい度は高い)。

鶴丸国永

次、鶴丸。
鶴丸が本当に鶴丸でねぇ……この一座の中では珍しいというか例外的にCVが染谷氏の鶴丸だったと感じているんですけど、言葉の使い方とか、ヒロチカと組んでまんばちゃんをいじるところとか、「あぁ〜〜〜〜びっくりどっきりじじい〜〜〜(SUKI)」みたいな感じで、鶴丸がそこにいた事実は変わらなかった。

あと鶴丸は何がよかったって刀の装備のしかた!!!鶴丸は刀を腰にはささずにずっと手に持ってて、肩にトン、っておいたり、杖代わり(?)にしたり、そういう細かい刀の扱い方が「鶴丸……ッッ!!!」みたいな感じだったワケです
最初の方の殺陣で両手を広げながら半回転ジャンプで着地した時、着物の袖が羽に見えて、もうなんていうかな鶴じゃなくて鷹とか鷲の部類だった あんなかっこいいことある???みたいな感じだった…あの立ち回りは美しくてかっこよかった。

「血で染まったら鶴に見えんだろォォォ!!!!」と殺陣を始めた時はもうなんか死ぬかと思いました、むしろ殺されました。最高です。

一期一振・鯰尾藤四郎

いちにいが殺陣の時に右肩にかかってるマント?を抑えながら(さながら食事中などに着物の袖を押さえる美人のように)刀をふっていて、いちにいはどんだけロイヤルなんですかと思いました。
刀の柄を上にして縦にまっすぐに持って、敵の太刀筋3人分くらいを一気に跳ね返すのかっこよかった…!

いちにいが「小夜の様子を見てきます」って言ってたのもよかったーーーー「うおおおおおぶたいちょおーーーー」みたいになりました(語彙力の欠落)。パンフ読んだ感じ、廣瀬くんはあのシーンが好きっぽい?かな?

ずおは短刀ズと打刀の間くらいの動き方でしたが、ずおがスライディングしながらざっさーーーって一太刀浴びせるところ角度最高でした……。あんよがなげえんだよ

杉江くんは本当にずおそのままというか、くりんとした目と「いちにい!(さわやか)」なしゃべり方がよかったなーーー!!ずお志くんもCV斉藤壮馬ではなくCV杉江大志だったけど、そんなん気にならんかった。

ずおと小夜ちゃんはわりとかがんだり蹴り技入れたりすることが多くて殺陣見てて楽しかったです。あとこの2人は偵察もかわいかった……。

小夜左文字・江雪左文字・宗三左文字

(※主に小夜ちゃんメインですが)(小夜ちゃんばっかり見てたので)

小夜ちゃんの殺陣がまず最高of最高だったのは言うまでもないのですが、あの蹴りから側転から刀の扱いから、わたしもきっちりと殺陣を学んでるワケでもないので素人目線だけども「短刀の戦い方」って感じだった……かわいい……
納谷くんはテコンドー13年やってるそうで、そりゃあんな動けるはずだよ、間違い無いよ……。

小夜ちゃん、というか納谷くんはあの一座で1番小さいけど、そこからさらに前かがみになるから本当に本当に小柄で、あの小さな体で戦っているのか……!と思いながら涙が出そうになっていました。常に前かがみと猫背の中間くらいの立ち方で、借りてきた猫みたいな、知らない人がちょっとでも自分に触ろうとするならすぐに「フシャーー!!!」って後ろに下がったり誰かの陰に隠れそうな感じが本物の小夜ちゃんだった……階段の降り方登り方すらもひたすらにかわいい……

手入れ後、体育座りしながら「寝てばかりいると体が鈍ります…」ってもう小夜ちゃんたらかわいさのかたまり!!!!!あほか!!!!!!好きじゃ!!!!!!

小夜左文字/小夜/小夜ちゃん/小夜助/小夜坊/お小夜と、あだ名のバリエーションありすぎてあの本丸で1番愛されてるの小夜ちゃんな気がしてくるんですよね。長谷部も小夜ちゃんを心配してくれる、みんな小夜ちゃん大好きだな!!!わたしもだよ!!!!!

納谷くんはどうやら地声が低めっぽいけど、小夜ちゃんのときは頑張って村瀬小夜に寄せていたように思います。普段の「復讐する…?」のトーンから「僕を怒らせたんだ、当然だよね!」への変化とか素晴らしかったです。小夜ちゃんがそこにいました。
ちなみにベストオブ膝の皿割れたシーンは光忠が小夜ちゃんをおんぶするためにしゃがんだ瞬間です。息が止まりました。死んだ。脚本家さんありがとう。

さっきもちらっと書きましたが鯰尾と小夜ちゃんの偵察組は妖精さんでした。頭撫でたい。
パンフレットの対談?で杉江くんが「小夜と一緒だと鯰尾もお兄ちゃんになる」みたいなこと言ってて、「それな!!!!!!!」としか言えなかった……それな!!!!!!!

で、輝馬くんは輝馬くんで体が大きい(とんすけの次に大きい)から、小夜ちゃんと江雪兄様が並ぶと姿勢と身長差で長男&末っ子感がにじみ出ていたなーと。
まんばちゃんが不動くんを案内してる時の手合わせ説明で、江雪兄様と小夜ちゃんが手合わせやってて、手合わせ訓練なのにあの空間は和睦に満ち溢れていたように思います……体格差が最高。

てゆか江雪兄様、あんな長い髪なのに殺陣のときとか全然絡まってないし、でも「ふわっ…」って髪広がるし、あのウィッグどうなってるんですか一体。刀は片手で扱うし、静かな殺陣がとても美しいし、内番衣装のときはちゃんとお花もって出てきたし…江雪兄様も存在が奇跡だよなぁ……。派手な動きがなく、静かだけれども熱のこもった殺陣とかかっこいいに決まってますよね…

手入れシーン、貴重な左文字が揃うシーン、小夜ちゃんに布団かける江雪兄様最高でした。「お小夜…!」て。しかしあまり三兄弟揃うシーンなかったからあの手入れシーンは貴重だったなぁ。
「笑えとは言わない、せめて、小夜の前では、兄の顔でいましょう……」とかいう最高のセリフですよね、あれ考えた人にわたしは直木賞か芥川賞をあげたい(?

宗三さんは割と見せ場も多く、存在が未亡人でした。殺陣のたびにチラリと見えるおみ足 is 国宝です。ヒデ様の宗三さんは打刀最弱ではなかった、未亡人なのにお強い…!
宗三さんはもう「どエロい未亡人」だけで全てを語れる気がしてうまく書けません……第六天魔王の刺青もエロかったな……。

左文字三兄弟はエンディングの傘の持ち方も、カーテンコールのお辞儀の仕方も、三者三様、とてもよかったです(いや、たぶんみんなその刀剣それぞれの持ち方をしているのだけど)。この3人だけが頭を下げるのではなく、膝を曲げて体全体の重心を下げるお辞儀というのでしょうか、ボキャがないので説明が難しいのですが、そんな感じのお辞儀で「ヒャーーーー」ってなったし、とりあえず宗三さんはお辞儀すらも未亡人であったことをご報告しておきます。

そのほかのキャラについて

(力尽きそう、ごめん)

まんばちゃん
マントをキレイにバサーーッってやるの、超練習しただろうなと思いました。扱い方がすごくキレイだった。というかまんばちゃんキレイだった。基本的にまんばちゃんは「キレイ」だと思っているのですが、フードが取れないように抑えるまんばちゃんはSo Cuteでした。

軍議中の三日月・まんば・鶴丸 の並びどちゃくそかわええんじゃ……じじいに囲まれて困る若造、良さかよ。

近侍としての責任というか立場に押しつぶされそうになりながらも、三日月に、みんなに助けられて、頑張ってる初期刀、よかったよ…!うちの本丸ではLv5だけど…!
三日月vsまんばの紅白戦も最高だったね!最強に立ち向かわなきゃいけない、負けられない、でも、でも……!みたいな感じというか、あー、よさ(語彙力の喪失)。

長谷部
おはぎ頑張りました。毎日のおやつ報告面白かった。円盤収録用のせいか、最終日も見事におはぎで、別パターンも見たかったかもなーとチラリと思ったり思わなかったり。

しかし紅白戦の長谷部vs光忠で打刀vs太刀ってキツいだろ!と思いましたが、それでも真剣に戦っている2人がとてもよかったです。鞘使って戦うの超よかったよ…!かっこよくキマってたよ…(燭へしの民は死んでた。)

長谷部は長政のところに行ってしまったから、あまり信長のことはよく思っていないというか、そもそもで思い出があまりないのかな。刀剣乱舞やってると、日本史ちゃんと勉強しなおそうって思いつつまだ着手できてない…日本史勉強しよう。長谷部には、長政のことは「大切な主」と思っていてほしいな、と舞台を見ながら思いました(もしかして回想で触れられているかもしれないけどね)(わが本丸には日本号がいないので長谷部関係の回想全然見れてないのよね)。

今年の1月に会いに行った長谷部(本体)はスラっとしていてとてもかっこよかったのですが、この舞台の長谷部もその感じが出ていたと思います。ただ立っているだけでも姿勢よく、座っているときも膝の上で軽く手を握り、礼儀正しいというか、まっすぐな男、というか。内番衣装のときの立ち姿が、シルエットからなにからゲームで見れる立ち絵まんまで驚きました。逆三角形。
長谷部に命を吹き込んでくれた和田雅成くんは千秋楽後にソックスガーターの写真を2度に分けてアップするとかいう世の中の全審神者に衝撃を与えた策士(?)ですが、彼が長谷部でよかったなぁと心底思っています。

ぶっちゃけますと私は織田組にはあまり興味がない(嫌いということではない)のですが、やはりこの手の話では織田信長という人物、本能寺という場所はよい働きをしてくれる、使いやすいのかなぁとしみじみと思います。蘭丸も光秀もよかった。とうらみゅもそうだけど、刀剣男士以外の登場人物がだいぶいいんですよね。とうらみゅの義経と弁慶もめっちゃよかったしね。
個人的には黒田編が見たいなぁー…。黒田家一派を出してほしい。

不動くん
熱のこもった演技がとてもよかった……ほろり。前の主を想う気持ちが溢れていて、グッときましたね。
主のことが大好きで、蘭丸も信長も守りたいって気持ちからくるあの熱さと甘酒で酔っ払ってるかわいさを併せ持っていて、「べーつにうちの本丸には不動くんいないけどいいかな」と思っていましたが謝ります。ごめんね。

鯛ちゃんかなり動ける人だけど、今回はわりと「主人を守りたくて暴走、空回りする」感じが強かったので、またどこかで鯛ちゃんの不動くんを見れるなら、かっこいい短刀としての彼を見たいなーと思ったりして(いや真剣必殺とかはあったけどもさ)。

不動くんはようするに、とうらみゅでいうところの今剣ちゃんポジションだったわけですが、とうらみゅと違うのは新入りで、まだ本丸の面々と仲良くなれてない(ついでに言うとあの本丸の誰とも信長についての解釈が合わない)とこかなぁ(とうらみゅは、解釈とかは置いといても今剣ちゃんのストッパーとして岩融がよくやってくれたなぁと思っている)。

今回のあらすじはオタクの解釈違いから起こるいざこざ、的な、うまいこというなぁというツイートを見かけましたが、誰目線で何を見るかによってその目に映るものは変わってくるから、あぁいう物語もいいなぁと。誰が正義で誰が悪なのかは、どこから見るかで変わってきますからね。

ニキ
自転車で鍛えられた太もも is 国宝。あの足で蹴り技とかやられてみーよ、見てるこっちが死ぬよ。真剣必殺のニキもすごかったな……。もともと男前なキャラですけど、今回も頼りになるというか、どっしり構えてるというか……よかったなぁ……。
殺陣的な話をすると、粟田口としてよりも織田組としての立ち回りだったので、いちにいやずおと出撃するとこ見たかったなーというのはあります。

あとカーテンコールとかの「たーいしょ♪」の言い方めっちゃよかった、劇場にいた人と映画館にいた人をあの一言で落とし、あの舞台に立ってた全刀を抱いてたと思う。
わたしあまり考えてないですけど、今回のお話って薬宗の民からしたらごちそうさまなシーンが多いのでしょうかね?

光忠
存在が燭台切光忠だった……見た目はまんま光忠、声帯は佐藤拓也、もう燭台切光忠というキャラクターがそこにいた……。
もともとタッパがあって存在感もすごいのに、あの長身から繰り出される殺陣最高だし、鶴丸とタッグを組んだ殺陣はもっと最高!!!ソロでの立ち回りより、鶴丸と組んだところのほうが何倍もかっこよかったと個人的には思ってます。カッコよくきまってた!
「おやつだよ!」は笑った。あそこだけは光忠6割のとんすけ4割だった(かわいいからよし)

あと何度でも言うけど重傷?中傷?の小夜ちゃんを見て、いちにいが「いったん引きましょう!」って言ったあと、スッと小夜を背負うのもう……もう……!!大きいのと小さいのという構図、もう……!!!!!(SUKI!!!!!)

終わり

というわけでざっと思ったことを書き出してみました。全員のこと書いた?書けてるかな…
いやー、本当にいい舞台だった。ライビュでも見れてよかった、パンフ買っといてよかった。再演や新作などもぜひ続けてほしいです。

このツイート(というか写真)、最高に好き。

余談ですが、一兄、鶴丸、ずお、江雪兄様、小夜ちゃん、光忠っていう部隊が最高すぎてこの本丸の審神者と仲良くなれると確信しました(ただし我が本丸の初期刀は歌仙で、うちのまんばちゃんはいまレベル5)。

↓公式サイト

なお円盤は買う予定です。
大画面で見たいな……プロジェクターの購入も検討するレベル。

↓ダイジェストもあるから気になった人はこちらもどうぞ:

どーーーでもいいけどカーテンコールで誰か泣くかなーと思ったけどそんなことなかったね。納谷くんあたり(ほぼデビュー作やし)泣くかなーと思ってた。

おしまい!!

同じカテゴリの記事

舞台

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事