Warning: getimagesize(): Filename cannot be empty in /home/1987c/www/Inbox/blog/wp-content/themes/202111_tcmm/include/twitter_card.php on line 42

Warning: getimagesize(): Filename cannot be empty in /home/1987c/www/Inbox/blog/wp-content/themes/202111_tcmm/include/fb_card.php on line 45
2016/04/21 |
HOME > ちょこっとレビュー , 映画 >

【ネタバレあり】劇場版名探偵コナン第20作『純黒の悪夢』は全人類が観るべき映画だよ

※ネタバレしかないよ!!!!!!
ネタバレ無しで書け=とにかく見てしか言えないよ!

上映開始から10分間のカーチェイスシーンだけでこの映画のおもしろさが確信できたんですよ……!ものすごく面白かった……!!!やればできんじゃん!!!!!ねぇ!!!!!
(ちなみにその10分間にはコナン君はカケラも映りません)

90秒予告はこちら

総括

さて、どれくらい面白かったかを私の定規で測るとしたら「原作はとっくに読むのをやめてしまって、最近のコナンと言えば毎年劇場版を観るだけになっていたのを悔やむほど」です。いやほんとに!めっちゃ面白かった!!!意味分からん!おもしろかった!!!!

年を追うごとにジンがアクティブになってる気がしますが、まぁそれはそれとして。
ついでにいうと、予告でも映る拳銃を横にして持つ持ち方は暴発だか怪我だかの元になるそうですが(射撃経験者に教えてもらった)、気にしたら負けなのかな。多分負けだよな。

今年は「おっちゃんor博士たちと出かけた先で殺人事件が起こるとこから始まり連続殺人に発展し犯人を捜すタイプ」、「だからあの人、あの時にあんなことを!ってコナン君が考えながら走るタイプ」ではなかったのもよかった。
わりとそーゆー展開多かったからねー最近。
まぁ一応、コナン映画ですから、蘭もおっちゃんも出しますけども、今年のメインは黒の組織です!!!」が全面的に出ていた。よかった。

あと一応、気持ち程度に「新一と蘭」的シーンもありましたが、それは本当に一瞬で、いわゆる
「らぁーーーーーーん!!!!」
「新一………!!!!」
ってシーンもなかった。素晴らしい。劇場版20作目だからロマンスも盛大にやろうと思えばできただろうに、それをまったく入れてこなかったのは英断だと思う……!!多分それを入れたら話がダレて面白さ半減だったろうな。

多分、冷静に見たらツッコミどころもなんだかんだありまくりなんでしょうけど、それを考えさせない勢いのよさと展開で、あっという間の2時間でした。

キュラソーについて

天海祐希さんかっこよかったです!今年はゲスト声優が天海祐希さんお一人だけで、棒演技じゃなくて、彼女の正体も行動も馬鹿げてなくて非常によかった(業火の向日葵の話はそのまでd(ry)

結局キュラソーが盗み出したデータは闇の中、ということで、原作にはなんの影響も無いままの流れになるのでしょうが、そのうち出てきたら面白いよねぇ。
あそこまで派手な負傷&爆発だと無理だとは思うんだけど……逆にもったいないとすら思うよ……!

ドンパチ

ドンパチ1/建物破壊

数年前にスタジアムをぶっ壊し、去年はハイパー厳重な美術館をぶっ壊し、次は何をぶっ壊すのかと思ったらなんとまぁ観覧車……!すごいよ……!さすが劇場版だよ(?)
でもあれをサスペンダーとボールで止めようとするコナン君それは無茶があるよ!毎年キック力増強シューズと蘭姉ちゃんの空手はギャグポイントだけど、今年も例外なく笑いそうになったよ!どんだけサスペンダーが強くても、あれはさすがに切れんだろ!ww

ドンパチ2/赤井vs安室

この2人のカーチェイスから肉弾戦やら、めっちゃ気合い入ってましたね……作画すげぇよこれ……あの殺陣のシーンだけ切り出してほしい。あれすごい。動いてる観覧車の上でやるのはさすがにどうかと思うけど、殺陣の演出はめちゃくちゃかっこよかった!

前述の通りここ最近は原作全然読んでなくてバーボンだのキールだとライだのわかってなかったんだけど、今回この2人が派手にドンパチやってくれたおかげで安室vs赤井で古谷vs池田でアムロvsシャアってことはよくわかった!(今更!!)
よく許されたなこれ、というかよくキャスティングまで見事に揃えられたもんだなこれ。
ついでに言うと原作やアニメを見ていないばかりに、TLに流れてきた安室さんのサンドイッチネタがわからないのがめっちゃ悔しいです。

作画の話

作画と言えば、コナン映画は青山剛昌先生が毎年作画(原画か?)で参加されてるのは有名な話だと思いますが、今年は青山作画がすぐにピンとこなかった……
割と毎年「ここが!青山作画でぇーす!!!」みたいな描き方だと思ってるんだけど今年はそれがなかった……逆に周りの作画スタッフがすごいんだと思う。
哀ちゃんとか割と青山作画に見えたけど、今年は本当に判別ができなかったからわかりません。

そしてそのせいかおかげか、去年みたいなモブなどの作画崩壊も少なかったように思います。毎年このクオリティを保ってほしいぞ!がんばってくれ!

おわり

というわけで今年のコナン映画は誰が見ても楽しめると思います!本当に本当におすすめ。毎年コナン映画を楽しみにしてる人はもちろん、「一応知ってるけど、子供向けでしょ」みたいなことは考えてる人は即座にその考えを捨てて見に行くべきです。
今更だけど「純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)」って13作目の「漆黒の追跡者(しっこくのチェイサー)」と連なるようにつけたのかなぁとも思ってまして、どちらにしても黒の組織メインの作品ですから、まだ今年のを見てない人は第13作目「漆黒の追跡者」を観てから行くのもいいかもしれません。

相変わらず、ど頭の自己紹介OPムービーもあるからだいたいわかるし、今回の要である黒の組織、バーボン、キール、赤井さんの話、FBIの下りもちゃんと出てきます。しかしコナン君の正体を知る人増えたね……大丈夫かよ……w

公開前の予告で、「見終わったあと、何色の気持ちになれるかはあなた次第です」と青山先生のコメントが映りましたが、なるほどなー、と。
「どーせ黒だろ」と思ってた過去の自分には盛大に反省してほしいですね!

そして毎年恒例の予告動画によると、来年の映画は大阪組が久々の登場となりそうでまたもや楽しみ!今年のプレッシャーに負けずがんばってほしいです。本当に楽しみにしてます。
「迷宮の十字路」、見返したほうがいいかもしんないね!

最後に・入場者特典について

今回の入場者特典の感謝状では、今までの劇場版が1作品だけ観れるという施策が打たれてます。
これマジでどれにしようか迷う……!もらうだけもらってどうしたらいいかわからないプレゼントよりずっといい!これほかの作品も見習ってほしいです。

『世紀末の魔術師』か『迷宮の十字路』か、いやでもここは『漆黒の追跡者』か…!1つのシリアルで1作品を2端末まで観れるようなので誰かと一緒に行って2作品見る、なんてこともできそうですね。
おもしろいなぁー。

おしまい。

同じカテゴリの記事

ちょこっとレビュー 映画

関連タグの記事


フォロー/シェア

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事