2016/02/21 |
HOME > 映画 >

「まじめに、ゆっくり、恋をしよう」ー 初心者向け(?)『同級生』ちょこっとレビュー ※ネタバレほぼなし

大好きな大好きなBL作品、中村明日美子先生の『同級生』が劇場版アニメとなりました。早速劇場で見てきて(何せ前売りを4枚も買ってしまったので)、来場者特典の小冊子なども読み終えましたので、ちょこっとレビューを。
ちょっと気になってるんだけど、BL映画だとなぁ……と思ってる人へ、ほんの少し、参考になったら嬉しいです。

予告はこれね。

そもそも出来はどうだったの?

最高以外の何物でもなかったよ。

エロいの?

エロくないって言ったら嘘。ただ個人的にはエロとかじゃなく耽美といいたい(男性目線だとどう映るのかすごい気になってる)。
ちなみに本番はないです。キス止まり。


公開初日はバルト9で舞台挨拶がありました。
外れたけど。

原作を読む or 読まない

原作がある作品ではよく聞く話ですが、『同級生』の場合は単行本がそのまま映画になったような作りなので、原作を読んでいなくても大丈夫です。まったく問題なし。原作読んで保管しなきゃ2人の関係性がわからなくなるとか、そういうことはまったくないです。

ただ、全体を通しで空気がきれいな作品の中で、上記にあげたような一瞬のどエロシーン(要するにキスシーンの話)が複数回挟まるので、そこに耐性がないわ・って人は原作読んだ方がいいかもしれません。心構え的な意味で。
いきなりどんな絵から始まっても平気なんじゃって人は、予習なしで見てもなんら平気かと思います。

あーーーー あーーーーーーー

A post shared by タチバナ tachibana / TC (@tcbn_) on


アドトラ走ってました。

原作はどこまで読めばいいの?

いわゆる『同級生』シリーズというのは、

  • 『同級生』…今回の映画
  • 『卒業生(冬)』『卒業生(春)』…同級生の続き。高3の秋くらいから卒業までの話。
  • 『空と原』…同級生スピンオフ。ハラセンが主役の、ハラセンに幸せになってほしい話です。佐条と草壁も出てきます。
  • 『O.B.(1)(2)』…大学生になった佐条と草壁を中心に、今まで出てきたキャラクターたちの生活の1と2の間の1.006や、ちょっと昔の-5を集めた短編集とでもいいましょうかね。
  • 『卒業アルバム 増補版』…同級生シリーズイラスト集、中村明日美子先生の画集。カラーイラストやこれまで発売されたグッズのまとめページ、ドラマCD収録現場レポート(明日美子先生の声優さんの似顔絵は激似なので一見の価値あり)のほか、「今までいろんな場所で掲載されたものの単行本に入りきらなかった短編」がたくさん詰まっています。

の、だいたい7冊で成り立っています。

『卒業アルバム』は先週発売された増補版と数年前に発売された初期版(?)があって、若干収録内容や、短編の色味に違いがあります。
初期版ではフルカラーで掲載されていた短編が増補版ではモノクロになってたりとか。明日美子先生の仕事場の話が増補版には載ってなかったりとか。
どちらも見所がありますが、「どこにも収録されないんだろうか……」などと思っていた短編(『このBLがすごい』に描き下ろされた2ページ漫画とか)が全て入ってるので、私個人としては増補版をおすすめします。

さてこれらを羅列した上で言えば、映画を見るためだけであれば『同級生』だけでなんら問題ありません
入り方としては『同級生』をまず読んでみて、2人がどうやって幸せになるのかが気になったら、『卒業生(冬)(春)』を読むといいし、さらにその先が気になったら、『空と原』『O.B.』まで一気にがっつり読むといいんじゃないかなと思います。
また、上記のように段階を踏むのもいいですが、まず『同級生』だけ読んで「好き」って思ったら、『O.B.』や『卒業アルバム』まで一気に読んだとしても損はしませんさせません。個人差はあるでしょうが、きっと読みたくなると思いますよ。

ただ、入場者特典の小冊子、描き下ろし16ページの短編については、卒業アルバム増補版に収録されたお話の前日談みたいなところがあるので、できれば卒業アルバム増補版を読んでほしいなって思います。
※もちろん小冊子だけで完結しますので、卒業アルバムまでいかなくても大丈夫です。無理に買う必要はないです。あくまで読み方の一例なので。

わたしはどんなお話でも読めて嬉しいけど、せっかくなら『同級生』絡みのスピンオフでもよかったかもしれませんね。

気になった人は今すぐ劇場へ

あまり公開劇場多くないみたいですが(TOHOシネマズ全館みたいなことにはなってない)、気になった人は是非劇場でご覧ください。

料金は一律1500円で上映時間は70分ほど。
レイトショーやレディースデーが適用されないのは少し残念ですが(…)、まぁ普通の日の普通の時間に見るよりは安いですので是非。

見る人を選ぶ作品ですが、BLに抵抗がないのであれば、見る人を裏切ることはないと思います。
冒頭にも書きましたが、きれいな空気が流れている作品です。草壁のどアップとか心臓ぎゅっと握られてもう死ぬんじゃないかと思うほどでした(つまりよかったということ)。

『同級生』の単行本のあとがきに、

ベタでも王道でもいい
いろはのい 基本のキ うぶでおぼこくてじれったい
そういう話にしたかったのでした

と明日美子先生が書いてらっしゃるのですが、本当にその通りの作品です。

わたしにはもうとにかく「見てください」しか言えないのですが(自分のボキャブラリーのなさにうんざりしますが)、『同級生』を生み出してくれた明日美子先生、この映画を作ってくれた製作陣、声優陣にしてもしきれぬ感謝の気持ちを込めて。
今までもこれからも、佐条と草壁がしあわせな世界でありますように。

『同級生』はいいぞ。

(ポエミー)(字余り←?)

映画公式サイト

原作

卒業アルバム(増補版)

【追記】円盤はこちら。完全生産限定版が残っている場合はぜひそちらをおすすめします。

同じカテゴリの記事

映画

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事