2016/01/20 |
HOME > ちょこっとレビュー , テレビ >

あれから5年……ゴーカイジャーから5年経ったので、改めて”良さ”を確認する

歴代戦隊の中では、ゴーカイジャーとシンケンジャーが2トップで好きです。
いよいよ2/14から放送開始となるジュウオウジャーですが、第40代目のスーパー戦隊となります。ということは、歴代戦隊をふんだんに使って作られた海賊戦隊ゴーカイジャーから5年経ってしまったということです。嘘だろ信じられない。

2016/9/12 追記
通算2000回放送記念ジュウオウジャー×ゴーカイジャーコラボ回ありがとうございました!!!!
そしてそんな中、Netflixにてゴーカイジャーの全話配信が始まってます!
これでAmazonプライムビデオと合わせて、ゴーカイジャー絡みの映像作品はこれでほぼ網羅されたことになります。
(もともとdTVにもあったようですが)
今見返しても十分面白いので要チェックです!!!!!

5年経った今でもゴーカイジャーが大好きなのですが、一体なぜだろうかなぁとぼんやり考えてみました。

その1.過去の戦隊(思い出)に触れる機会をくれる

ポケモンの金銀のリメイク、ハートゴールドとソウルシルバーが出たあたりでしょうか、こんなCMが流れました。

ゴーカイジャーというのはこの感覚に近くて、「あぁ、そうそう昔こうだった!」というのを思い出せる作品なのです。

私には子供の頃、戦隊を見ていた記憶はないです。何見てたのか本当にわからない。言うても小学校低学年のころの記憶がやっとです(ちなみにその頃はセーラームーンやレイアースなどなどどテッパンの少女漫画アニメを見ていました)。
でも、世の(主に)男性のみなさん、見てたでしょう。ごっこ遊び、したでしょう(してない人もいるでしょうけども)。なんだかんだで、覚えてるでしょう。

彼らは海賊なので(?)基本的には宝探しを生業としてまして、宇宙一のお宝を求め、最終目的地の地球へとやってくるところからお話は始まります(海賊になった理由は様々でメンバーそれぞれに海賊になった過去があり、それは徐々に明かされていきますが、それはまた別のお話)。

スーパー戦隊シリーズ第35作目の記念作品。過去34作のスーパー戦隊とのクロスオーバーを最大の特徴とした本作品は「過去に34戦隊が地球を守り続けて来た世界」という地続きの世界観を設定し[注 2]、ゴーカイジャーたちは本来の姿に加えて過去のスーパー戦隊の戦士に自由に変身する能力を持つ。
海賊戦隊ゴーカイジャー(Wikipedia)

いわゆるスーパー戦隊には、その年ごとのモチーフがあり、彼らの力というのはそのモチーフになぞらえて形成されます。では”海賊”モチーフのゴーカイジャーの力は何かというと、歴代戦士たちの力です。
ゴーカイジャーが初登場・おひろめとなった(近年のスーパー戦隊ではお決まりとなっている)劇場版VSシリーズで、ゴーカイイエローことルカが「いわゆる海賊版ってやつ?」というシーンがありますがまさにこれ以上でもこれ以下でもなくて、彼らは歴代戦士になることができるのです。

ゴーカイジャーを見てると、過去の戦隊に自然と会える。そんなん最高じゃないですか。

宇宙一のお宝を手に入れるためには、歴代戦士に認められ、「大いなる力」をもらわなければならず、自然と歴代戦士が物語中に登場します。
それはレッドかもしれないしブルーかもしれないし、はたまたブラックかもしれない。メイン戦士が全員登場するかもしれない。自分が夢中になっていた戦隊に、ウン年ぶりかに出会えるわけです。となれば、お父さんと息子さんで見ることだってできるわけです。最近の戦隊はわからなくても、自分の見ていた戦隊が出ていたら、親子の会話のきっかけになりますよね。歴代戦士が出演してくれて、当時のオマージュとも呼べる演出や、セリフ、音楽なども流れる。そんなん覚えてないよって人も、ふと見てみたら自然と思い出すんじゃないかって思います。

歴代戦士は過去のものじゃない。
彼らは地球を救ったあともこの地球で、宇宙で、この時代で、あるいは未来で生きているんだなと思わせてくれる。

最高以外のなんだって話です。

その2.戦い方(殺陣)のかっこよさ

アクションはもちろんですがそこに追加される”海賊戦隊かっこいい要素”が武器です。

ゴーカイジャーは武器が全員お揃いの戦隊で、エモノはサーベルと銃を1本・1丁ずつ。
多分、他戦隊のパワーを借りて戦うから、彼ら自身の武器はシンプルイズベストにしてんのかなーと思ったりもします。
ロボや乗り物も、メインとなるゴーカイガレオン(真っ赤な海賊船)以外が目立ったことはほぼないです。中身が目立ったのってゴーオンジャー回でカーレースするってなったときくらいか…?

さて5人とも、サーベルも銃も使うことができますが、やはり得意不得意があるようで、お互いの武器を交換して戦います。
青黄は二刀流、緑桃は2丁拳銃。交換する相手に武器を投げる演出などが好きで好きでね……!

武器ありでも無しでも、殺陣がかっこいいのですが、殺陣シーンを見るなら個人的おすすめは第11話『真剣大騒動』。ザコと戦いながらスキをついて変身する流れが最高です……!しかもシンケンジャー回だしね。最高かよってね。

殺陣に関しては、こればっかりはもう「いいから見て!」としか言えなくてボキャブラリーの無さに凹みますが、とにかく見てください……!
そもそもで5人とも動けるけど、後半に登場する猪狩鎧/ゴーカイシルバー役の池田純矢くんもかなり動ける子で、生身でバク転バク宙とかやってくれて、画面が映えます。

あと、変身する時の5人それぞれの個性が出るポージングも最高に好きですがちょっとマニアックかもなーなんて。でもいいんだよあれ……。

ゴーカイジャーの空気感が知りたい人のとっかかりにはこれがおすすめ

ゴーカイジャーの劇場版1作目『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』がAmazonビデオにあります。プライム会員ならば即座に見ることができますので、プライム会員でまだゴーカイジャーを見たことない方は見てみるといいです。

↓Amazonビデオ

↓ブルーレイ

劇場版だけにテレビシリーズよりも豪華で、アカレンジャーを始め、歴代戦士がたくさん登場します。

その3.音楽

めっちゃくちゃかっこいいよ。
「いよいよヒーローの登場!」ってときのバイオリンかな?弦楽器のイントロなんて最高すぎて何も言えません。
あれが流れてくるだけでテンションが一気に上がる。

キャラソンが出なかったのが残念でならない……!なぜ歌ってくれなかったのかみんな……!!

わたしのおすすめストーリー

わたしのおすすめはこの7本!

  • 第1話『宇宙海賊現る』
  • 第11-12話『真剣大騒動』『極付派手侍』
  • 第20話『迷いの森』
  • 第23話『人の命は地球の未来』
  • 第40話『未来は過去に』
  • 第41話『なくしたくないもの』

とくに40話!!!タイムレンジャー回です!!!

タイムレンジャーを見てた方は、タイムイエロー(ドモン)のくだりもご存知だと思いますが、タイムレンジャーは現代人(赤)と未来人(青・黄・桃・緑)がチームを作って戦う話。
タイムスリップものでは「過去を変えてはならない」とかよくありますが、最終回で未来人であるドモンは、現代人である恋人(と、その腹のなかにいた子供)を残したまま未来に帰る決断をします(今考えてもニチアサでやるには大人すぎるクダリ)。

未来に帰ったドモンは彼女に会うこともなく過ごしていたようですが、このゴーカイジャー第40話で登場。過去に行って未来を守るようにゴーカイジャーに依頼します。
そして、その依頼のもと、ゴーカイジャーが過去の世界で出会い、一緒に写真を撮ったのがドモンの元恋人・ほなみであり、息子である未来くんだったのです。

第40話は、時を超えて、ドモンが自分の息子と(間接的にですが)出会えた瞬間でした。リアルタイムでタイムレンジャー見てた時、2011年にこんなシーンが見れるなんて誰も思ってなかっただろうよ……本当になんてことをしてくれたんだ、天才かよ……。

しかも、40話はゴーカイジャーお披露目となった『天装戦隊劇場版ゴセイジャーvsシンケンジャー エピックon銀幕』の裏で実はこんなことが起こっていた、という設定に基づいて作られています。
映画に6人目の戦士である猪狩鎧が登場しなかった理由もきちんと踏みつつ、あの数分のシーンを見事テレビシリーズにつなげたわけです。何度もいいますが、天才かと思いました。

余談・夢は叶う

これは余談ですが、ゴーカイシルバー役の池田純矢くんの小さい頃の夢はダイレンジャーのキバレンジャーになること、だったそう。そしてその夢は、第33話で叶うことになります。

小さい頃に夢見たヒーローに本当になれるなんて、そう簡単に叶うものではないですよね……このエピソード大好きなんだよ……。
だって「仮面ライダー鎧武になりたい」って言ったって、将来仮面ライダーにはなれるかもしれないけど鎧武にはなれないじゃないですか。

それを叶えてしまうんだから、ゴーカイジャーという作品は本当にステキだと心底思います。

キャストの話ついでに

ゴーカイジャーの面々は、まだまだ活躍の場を広げていて、ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー役の山田裕貴くんなんかは映画やドラマにたくさん出てますし、ハカセ/ゴーカイグリーン役の清水一希くんは今季のドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』に出演中(生瀬さんの下の刑事役)。

伊狩鎧/ゴーカイシルバー役の池田純矢くんと、ルカ・ミルフィー役の市道真央ちゃんは声優業なんかも始めていて、デジモンアドベンチャーtri.に2人して出演中です。選ばれし子供たちです。

ニチアサ出身の俳優陣の活躍を見ていられるのは本当に嬉しいです。私がゴーカイジャーと同じくらい大好きなシンケンジャーの面々も各方面で大活躍していて嬉しい限り。みんなの活躍が見ていられる時代になったのかなぁと思うと本当に嬉しいですね。

おわり

そろそろまとまらなくなってきました。ようするに自分の思い出に触れることができる戦隊ってなかなかないと思うので、ちょっと見てみてほしいなって話です。見始めたら止まらなくなると思います。

ゴーカイジャー以降、放送中の戦隊を過去の戦隊と絡める手法がメジャーになってきましたが(テレビシリーズ方面でも、おもちゃ方面でも)、それはまた別のお話……ww

今年は仮面ライダー45周年・スーパー戦隊40周年ということで特設サイトなどもたちあがっています。
ジュウオウジャーはゴーカイジャーのような過去戦隊との絡みを目立たせる話ではなさそうですが、製作陣も気合い入ってそうなので今から楽しみにしています!

スーパー戦隊はかっこいいんです。
大人が見たっていいんです。
(自分のための言い訳)
よかったら、見てみてね!

カテゴリ:ちょこっとレビュー , テレビ
関連タグ:
ご意見ご感想、その他お問い合わせなどはこちらから

マシュマロ設置しました!
匿名でメッセージなど送れます。感想など一言投げていただけると喜びます。
お返事はTwitter(@tcbn___)経由でさせてただいてます。
Author: タチバナ( @tcbn___ )
主にiPhone6sとiPad mini4で楽しくブログを書いています。カフェラテ、Instagram、映画、ハリネズミが好きです。

今日読まれている記事


新着記事