2015/11/18 |
HOME > 映画 >

映画『バクマン。』を見てきた話【ネタバレあり】

見てきました。ネタバレあります。

総括

総括すると「そうじゃねんだよなぁーーーーー」という感じでした。
好評だったんで楽しみにしてたんだけど、なんか拍子抜けしてしまった。

2時間の映画に、出会いから1位になるまでをきれいに入れていたと思いました。そのせいか、サイコーがちょっと敵意盛りすぎだった気もします。キミは人に懐かない猫か、みたいな。

一番楽しかったのは最初のジャンプの紹介モノローグで好きな作品を頑張って探したこと(ちなみにるろ剣は剣心と宗次郎のシーンでした、さすがですww 新月村か比叡山での決戦かはわかんなかった)、そして一番の見所はスタッフロールだと思います。あのスタッフロール天才だと思う。まじで。

キャスティング

主演2人、福田組、ジャンプ編集部、どこもよかったです。しいていうなら、服部(哲)さんが端正な顔すぎたのと、服部(雄二郎)さんとエイジの髪型逆じゃね?ってのくらいかな。
そもそもで雄二郎さんのキャラ薄かったけどね……原作の「俺は新妻エイジの担当じゃ(ドヤ)感がいいのになぁ。

福田さんが二次元をそのまま三次元にしましたって感じで最高でした。中井さんはいい人すぎたwアイツもっとゲスいよw
編集長と瓶子さんもよかった。瓶子さんは毎週へなちょこなパパの姿しか見てなかったから驚いたけどよい瓶子さんだったと思います。

あと、亜豆はもっと可愛い子が…と最初は思ってたけど、サイコーの似顔絵から起こしたらわりと再現度高いからいいのかなって思えました。

亜城木夢叶というペンネーム

なぜ出さなかった……。

夢を叶えるためにお互い頑張るという意味で、大切な大切なペンネームなのに、なんで本名でやってるんだキミタチ!!!あと、お互いを「サイコー」「シュージン」って呼び合うようになる下りほしかったよ。体育の授業の謎のオリジナルシーンとかいらないから男の友情見せて欲しかった。
友情・努力・勝利って何度も出てきたセリフなのに肝心のサイコーとシュージンの間にそれが紡がれてない感じしたよなぁ。それと同じような意味合いで、「福田組」という単語が出てこなくて残念。蒼木さんは話がこじれるからカットでよかったとおもう、香耶ちゃんいないし。

あーあ、亜城木夢叶を出すと香耶ちゃんが必要になるからなのかな…… いや別にあの流れなら香耶ちゃんいなくてもまぁなんとかおさまったんじゃないかな…… 大事だよ亜城木夢叶……

謎の殺陣

謎の殺陣。まぁいいんだけど。
佐藤神木が動けるのは知ってたので安定の動きって感じでした。染谷さんが動ける人でよかったね。

新妻エイジというキャラクターについて

わたしこの映画で一番許せないのエイジのキャラです

あのね!!!!違うんだよ!!!!エイジはそんな嫌味ったらしいこといわないの!!!!純粋すぎるだけなの!!!!なんだこのキャラブレ!!!!

天才の名をほしいままにしている少し変わった人(自分が天才であることを理解した上で言葉を紡ぐ)、みたいな描かれ方に見えたのだけど、原作のエイジは6歳の頃から漫画しか描いてなくて、友達がいなくて、ジャンプで連載が決まって上京してきてサイコーとシュージンと出会って、福田組ができて、友達というか同志になる、みたいなのがいいのに、なんかあれじゃエイジがただの嫌なやつで終わってる……そうじゃないのに……。
ウウウウウ……悲しい……。

実写作品としてのオススメ度

クオリティは高いです。わたしのような原作厨の人だと、バッサリ感想分かれるかもしれないので、あまりに期待に胸を弾ませて行くのはやめたほうがいいです。

るろ剣よりは落ち着いて観れました(ただ作品への愛情がだいぶ違うので参考になりませんが)。
同じ大葉・小畑コンビのDEATH NOTEと比較するならば、負けず劣らずかなぁ。墨だらけで、ぼろぼろになりながら、2人で頑張る姿はとてもよかったし、原作知らない人が見ても「???」ってなりにくい作品じゃないかなぁと。現代物だから予備知識もいらないしね。
好き嫌いの問題で、どっちか好きかと聞かれたら、デスノに軍配があがるかなーと個人的には思います。

しかし、この映画用に作品描き下ろした小畑師匠もすごいなー。ギャラいくらだったんだろ(ゲスい)

おわり

というわけでさらっと感想でした。
なかなか、実写作品でも「これはイイ……!」とならないのはわたしのこだわりというか原作贔屓なところがいけないのかなー。
出来ないことはやれと言わないけど、出来そうなら盛り込んでほしいんだよなぁ。亜城木夢叶とかさぁ。

最後、これから生み出していく作品をばばばと黒板に描いていたものの、さてこれは続編やるのかなぁ。
言うてもエイジとの勝負に勝っただけでまだ亜豆との約束は果たしていないので、回収すべきフラグは残ってるんですよね。
ただ七峰くんまで出すとなるとあと2作か3作は必要になりそうだけどそこまで金かけて実写化する作品ではないだろう(※削りたくないシーンが山ほどあるわたしの計算)。
まぁ、やるようなら、観ます。

公式サイト:

映画『バクマン。』公式サイト

原作も面白いよ。エイジかわいいよ。

同じカテゴリの記事

映画

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事