2015/08/19 |
HOME > 映画 >

【ネタバレあり】実写版・『進撃の巨人』を見てきた話

というわけで、うわさの進撃実写版を見てきましたよっと。
とりあえず見てみないことには始まらないのでね。

ざっくりと感想を

原作を知らないほうが楽しめるかもしれないけれど、そもそもで事前知識がないとこの映画はつらいかもわからんです。るろ剣とはまた違った感じです。
面白いのかといえばまぁそんなことはないかなって……。原作とアニメだけでよかったように思います(ぶっちゃけ)
 
立川爆音上映の座席の埋まり方が、6/20から公開しているマッドマックスの比にならないほどやばいと言う話は見てましたが、確かにあれは別に爆音じゃなくていいし、わざわざ4DXも行かなくていいと思います。
 
でもまぁ、思ってたより殺陣がなかったけど、聞いてたよりは立体起動してたかなぁ。でも立体機動のシーンはどうやったってCGフル活用になっちゃいますね。残念です。
 
また、想像以上にグロかったので、グロいの無理な人は冒険せずに大人しく引き下がったほうがいいです。巨人と、巨人が人を食うシーンが相当なグロさです。
 

原作と同じなのは

  • 一部のキャラクターの名前(※名前だけ)
  • 壁を作り、人間は巨人からなんとか勝ち取ったエリアの中で暮らしてきたということ

たぶんこの2つだけを引き継いで、後はもうなんかオリジナルなんだと思います。もうよくわからない。
だってエレンがいる区は「モンゼン」って言うらしいんですよ。三浦春馬くんが演じているのは、我々の知る「シガンシナ区のエレン・イェーガー」ではなく「モンゼンのエレン」だそうなのです。
世界観としてはいわゆるナウシカとか、最近でいうとマッドマックスとかに近いのかもしれません。昔は栄えていたがいろいろあって文明が滅びた、みたいな。
丘の上の誰も近寄らない不発弾とか。それに書いてあるビキニのチャンネーとか。その設定いる???ってことはままありました。
 
モンゼンの壁が壊されて一気に混乱が起こるわけですが、そのときに教会に逃げ込む村人たち。いやー、人って醜いものですね。しかし教会の中でも外でも食われることに変わりはないというね。
しかし、赤ちゃんを置き去りにするカーチャンはどうかと思いました。立ち上がろうともしないミカサもどうかと思います。
なんかあれなんだよねーもうミカサが死ぬわけないのわかってるから、あのシーンが丸ごと「えw茶番ww」ってなっちゃうんだよ。
 

各キャラクターたちのこと

  • 本郷奏多くんのアルミンはかわいい。天使かもしれない。
  • 恋愛要素を無理矢理ねじ込んでいるので、無茶がありすぎました。それはちょっと、的なことが割とまぁたくさん。
  • 石原さとみさんのハンジが見たいだけなら、キャラ単体のポスターと予告編だけでいいと思います。ハンジがぜんぜん戦ってる感ないのが残念……。後編では活躍してくれるといいのですが。
  • 思ってたよりサシャがよかったので、「蒸かした芋です!」も聞きたかったなー。
  • 思いのほか出演してたニチアサキャスト(ただ細貝さん見つからなかったんだけど、これは後編に出るってこと?)
  • 水崎綾女ちゃんとかだいぶ頑張ってたねー!渡部秀があのリア充やってるとは思わなかった、彼もしかして痩せた?

 
さて、シキシマさんが結局のところよく分からなかったのですが、彼が謎のジャック・スパロウ感を出していたような気がするのです。
あとごめんやけど、シキシマさん、西島秀俊だと思い込んでた…長谷川博己だった…たぶんその細さゆえに余計ジャック・スパロウに見えたのかも。
シキシマをジャック・スパロウ、エレンをウィル、ミカサをエリザベスに例えるといいかもしれません(だいぶ適当なこと言ってます)。考えすぎかなーと思うけど、いやでもどっから出したかわからないリンゴ持ってるしさぁ。なんかさぁー。
 
あと予告編見た時から「ウーーワーーー」と思ってましたが、進撃の巨人はよけいな恋愛要素はいらぬのですよ。
ミカサが死んだと思い込んだエレンが仇を討とうとするのは、100歩譲って許すとしても、シキシマとミカサのいちゃこらぶりとかなんかもうひどい。
シキシマにはその気がなさそうな気がしても、それでもひどい……。
爆薬泥棒、布かぶったシキシマかと思ったけどそんなカンタンなわけではなかった… あれだれだったんだろうなー
 

おわり

とりあえず後編も見る予定です。
後編はモンゼンの穴を塞いで終わりかなー。どーなるかなー。
ベルトルトもライナーもアニも出てこないしなー。そもそもモンゼンの壁壊したときはベルトルトしか出てこなかったしなー。
 
ジャンはそこそこいい演技をしてたと思います(思い出したように書いておく)
 
スタッフロールの「進撃の巨人」ってタイトル文字が昭和の特撮っぽいなーと思ったら、それもそのはず、製作陣が『巨神兵 東京にあらわる』の面々ですもの、そりゃそうだわ!

  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』公式サイト

同じカテゴリの記事

映画

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事