2015/01/16 |
HOME > 映画 >

祝!GG賞!最近の『ヒックとドラゴン2』事情まとめ。[追記あり]

ヒックとドラゴン2(邦題仮)が第72回ゴールデン・グローブ アニメ作品賞を取り、第87回アカデミー賞の長編アニメ賞にノミネートされました!
おめでとう!!!おめでとうございます!!!

あーもう、ほんとおめでとう!うれしい!うれしいよ!
ベイマックスに勝ったとか信じられない!!!
GG賞の詳しいことはこの辺とか↓どうぞ。

ヒクドラ2の現状について

さて、相変わらず国内での公開の目途がたっていないヒクドラ2でございますが、現状はといいますと、

  • 日本語吹き替えが収録されている
  • ドイツ語版やフランス語版のすでに円盤が発売されている

という感じで、わたくし、我慢しきれずにドイツ語版を購入しました。

どっちもリージョンABなので、日本のプレーヤーで再生できるはずです(※ドイツ語はちゃんと再生できてます)。
わたしが買ったときはAmazonでは上のフランス語版のみの7500円(…)だったので、ドイツ語版を別のサイトから取り寄せました。
送料込で$46くらい、注文完了から到着まで約10日ほどかかりましたが、無事に到着し、無事に観れているので、Amazonで妥協しなくてよかった&フォロワーさんに教えていただいて感謝です。

感想に関しては、まだ日本では未公開・正式な円盤発売はされていないので記事にするか迷っています…。パスワード方式はありかなーとちょっと思ってますが、どうしようかな。

今後の希望的観測

こちらのサイトさんでも仰られてますが、わたしもぶっちゃけ日本公開は近いのではないかと踏んでいます。
ソースのないwikipediaでは2015年春って書いてありまして、それが本当かどうかは信じちゃいけないレベルで怪しいんですが、もし日本で公開しないならここまで円盤発売を引っ張る理由がないと思うんですよね……。あと、ペンギンズが公開されるならヒクドラ2をすっ飛ばす理由が見つからない(ペンギンズの公開は、今後の公開予定一覧の写真をアップしてくださった方がいます)。

といいつつ調べたら、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』はアメリカ公開が2011/11/21、日本の発売は2013/11/22でだいぶかかってたわ… あっ ちょっと不安になってきた…。 いやいや希望を捨ててはいけないのだよ!!
(ただガーディアンズは作品としては好きなのですが数字的によくなかったという点があるので、そこはヒクドラ2はまったく心配しなくていいのでね……大丈夫、きっと大丈夫よ……)

おわり

というわけで、アカデミー賞ノミネートがあったのでいったん自分を落ち着けるために記事にしておきます。
日本での公開、待ってるよ。信じてずっと待ってるからね…!!!
ちなみに本当の本当にヒクドラ2を公開してくれるのなら、絶対に4DXでの公開が必要です。絶対!!これは必須!

4DXで思い出した。
余談ですがヒクドラ2を見たくて現在公開中のベイマックスを見てない人がいたら、ぜひ見ておくことをお勧めします。ヒクドラ1を思い出すシーンもあるし、ディズニーとドリームワークスという制作会社の壁はありますが、クロスオーバーしたら絶対面白いと思えるはず。お勧めです:)

2015/1/16 追記:

20世紀フォックスが重い腰を上げたようです。


ちょっと待て、リリース情報ってなんぞ?!”リリース”には”劇場公開”の意味も含まれておるのか?!という不安煽られまくりのツイートですが、とりあえず第一歩です……。
これGG賞受賞&アカデミーノミネートなかったらどうするつもりだったんや……

ぐぬぬ感拭いきれないですが、ネスカのごとく続報を待ちたいと思います。
</追記終わり>

同じカテゴリの記事

映画

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事