2015/01/08 |
HOME > 手帳 >

2015年版 ほぼ日手帳(EDiT)の使い方

2015年がスタートして、間もなく1週間です。今年もほぼ日手帳(という名のEDiT)買いました。
去年は今年の抱負記事でも書いたように6月に1日も書かない日とか、何かの半券を貼るだけの日が多くなってしまいました。
今年はその体制を変えるべく、やろうとしている内容をメモ。

 

ほぼ日を書くにあたっての前提3つ

  1. 毎日キッチリ書こうと思わない
  2. 写真は後付け。スペースだけはちゃんと開けておく
  3. DayOneを活用する

 

1、毎日キッチリ書こうと思わない

これはもう、今年の鉄則です。無理やり今日中に…と思ってDueとかでアラーム設定したところで、絶対書けない(書かない)。書ける日は書く、書けない日は後回しにする。マイペースにマイペースに。
無理してると逆にストレスですからね。無理しないで楽しく書く。
 

2、写真は後付。スペースだけはちゃんと開けておく

写真を貼りたい日は、instagramに投稿したものを印刷→切り貼り。prinklを使えば一定サイズでキレイに出力できるので、そこは世の中に溢れているwebサービスを大いに活用します。
今のところ、prinklのSサイズ(写真15枚)をA5に印刷がフィットしてますが、いずれいろんなサイズで試すかも。前述のサイズだと、写真1枚が3.5センチ四方くらいになります。
↓こんな感じ。
 

#ほぼ日手帳 #EDiT #日記 #diary #ほぼてち

A photo posted by タチバナ tachibana (@tcbn_) on


 
prinklに関しては以前記事書きましたので、参考になれば幸いです。
 
わたしのEDiTはB6変形サイズなんであまり大きく印刷すると書くスペースが減ってしまうのですな。来年こそはA5サイズにしたい(今年買いそびれた)。
 

3、DayOneを活用する

その時の気分だとか、お昼ご飯の写真だとか、1日1投稿は必ずするように心がけているDayOneですが、これを活用すればいいんじゃん!と今更気が付いたのでした。
「後日書く」には毎日のことをずっと覚えておくのはツライ。「この日のことなんか覚えてないよ…」となって、白紙のページが増えてしまうのループだったんですが、DayOneを見返せばいいんですよね。
なんで今まで気づかなかったんだか!ばかなのか!そうか、ばかなのか!
 
※アプリの価格は掲載当時となります。購入の前にご自身でご確認ください。※

 

おわり

そんなこんなで頭の中を整理するためにも書いた記事でした。
まだ今年は始まったばかりなので、あと数か月後にどうなってるかはわかりませんが、適度に書けていたらいいなーと思っています。

同じカテゴリの記事

手帳

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事