2014/12/30 |
HOME > 写真 , 展示レポート >

シャーロックホームズ展最終日の奇跡/ぜひ2回目を…!

先週2回目に行ってきた「シャーロックホームズ展」ですが、最終日であることを当日に思い出したので急遽行ってきました。


狙いはワークショップ3回目。そして今回は一眼レフの皐月ちゃんも一緒です。あ、一眼レフに名前つけてます。
 

ワークショップ開始!驚きの最終日パワー(?)

ワークショップ2回目の終了間際に到着したのですが、今までにないくらい人が入ってました。最終日パワーすごい。
大人ですが大人気なく最前列に座り、ワークショップが始まるのを待ちます。スタッフのお兄さんが注意アナウンスの最後に「今回いらしてるみなさんだけにお願いです。これが最終日最終回です、盛り上げよろしくお願いします!」w おっけー、まかせろ!w
 

開始!

さて、司会のお姉さんが登場し、いよいよ最終回。
始まりはいつものように肩慣らしのシルエットクイズからw
第3問目で、MCのお姉さんが指した人がなんとロイロット先生の操演さん!
これは関係者多いな…wと思いながら始まったワークショップは、第1話の再現に始まり、川口さんや友松さんの紹介へ移ります。
 
お姉さんにワトソンの第一印象を話すホームズ

綺麗なお顔です。

やっぱり、操演さんと一緒のときのほうが、生き生きしてますね。

 

質問コーナー

恒例となった質問コーナーでは、オープニングの映像はどうやって作られているの?というそして操演さんだとわからない質問が。どう答えるのかと思ったら、後ろの方で見ていたディレクターさんに質問をふるお姉さんwディレクターも来てたのかーw いいぞもっとやれ!w
ちなみにオープニング映像はプロジェクションマッピングを使っているそうです。
映像はCGで作るけど映像にするものはなるべくアナログで作るようにしている。とおっしゃってました。
 
今回、わたしも質問させていただきました。質問内容は、「『愉快な四人組の冒険(前編)』のメアリーが屋根に登るシーンはどうやって撮ったか」、です。
操演さんは頭串と手に繋がっているワイヤーで両手が埋まってしまうので、膝役の人がそばにつき、2〜3人がかりで撮影したそうです。いやーすごいね。メアリーの膝の謎が解けましたw
ちなみにその膝の演技をするように指示を出したのは、オープニング映像の質問に答えてくれたディレクターさんだそうですww
 

ゲスト!!!!!

続いての質問は、「声とパペットの演技のどちらを先に撮るか?」。するとMCのお姉さんがやたらそわそわし始めて、「これ、最後に聞こうと思ってたんですけど、せっかく質問していただいたので、今やっちゃいましょう!今日はスペシャルゲストがいらっしゃってます!ワトソン役の、高木渉さんです!」
なんと!!!高木渉さんがホームズ展にいらしていた!!!びっくり!!!ホームズ、ワトソン以外の操演さんもいたし、ディレクターもいたけど、まさか声優さんご本人がいらっしゃるなんて思わず、びっくり!!!いやーーーおどろいた……!!!感動で涙が出ましたよ……ひええ……
声とパペットの動きのどちらを取るか、という質問は高木渉さんが直接「声を先にとりますが、パペットの動きに合わせてセリフを撮り直すこともあります。」と解答してくださいました。なるほどなー。どこかで先に声を録るというのを見かけたことはありましたが、後から録り直すこともあるんですねぇ。
いやー、ワトソンと高木さんと友松さんの3ショット……貴重なワンシーンを見ることができました。
そして、MCのお姉さんのムチャぶり(?)で、打ち合わせもなしにそのままアテレコをやってもらえることに!ワーーー!!!
「僕の名前は、ジョン・H・ワトソン。ビートン校に通う15歳」みたいな自己紹介だった気がしますが、ちょっと興奮しすぎてセリフまで細かくは覚えてません(すみません)。
一旦、客席に戻るとき、ワトソンやホームズとも握手を。うわーーーうわーーー最高かよ………!!!
 
そのあとは、またいつものように、操演さんのお仕事体験コーナー→川口さん、友松さんからのメッセージ→終了、の流れでワークショップは幕を閉じました。
ホームズやワトソンが帰る際、ステージの脇から手を振ってくれたワトソンに高木ささんがさりげなく「良いお年を〜」というアドリブもしてくださいました。
 
ワークショップ終了後、我慢できず高木さんにサインをいただいたわたくし。握手もしてもらっちゃいました。
てへへ。

2014/12/30 23:00追記
※高木さん、友松さん、ワトソンの揃い踏み写真は、掲載してOKか判断が出来なかったので載せてません。ご了承ください。

 

何枚か一眼で撮った写真を。

ホームズ。ワークショップで大活躍の方

シャーマン。ほんとかわいいわ……。

アドラー先生。いつか動いてるところを見たいです。

ピンチ。見慣れてくると可愛い。

スタンフォードくん。ワークショップのときのみの登場でした。展示もしてほしーなー。

 

おわり

そんなわけで、スペシャルサプライズのおかげもあり、大盛況に終わったシャーロックホームズ展でした。
いや、ホントに、3回行ってそれぞれ嬉しい楽しいことがあって、行ってよかったなって心底思ってます。
 
今回のワークショップは本当に関係者も多く見に来ていてw、プロデューサー、ディレクター、美術監督さん(小物担当だったかも)、高木さん、ロイロット先生の操演さん……たくさんの人が集まって、あのお話を作り出してくれているんだなぁと改めて感じました。
 
次は、最終回後の全パペット展示とかやってくれないかなぁと思っているのですが、難しいかなぁ……
メアリーとジョナサンのパペットが見たいんだよぅ。
今回のイベントブースの規模だと全員展示は難しいかもですが、なんかほかの場所とか使って……!頼みます……!そしてまたワークショップが見たい!モリアーティ教頭やアドラー先生やノートン先生が動くところも見たい!(ホームズたちより大きなパペットの操演も見てみたい)
NHKの偉い人よろしくお願いします!!!
 
11話の感想を書く前にシャーロックホームズ賞が終わってしまった。このまま書かずに終わるかも。ロイロット先生ごめん!

同じカテゴリの記事

写真 展示レポート

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事