2014/08/02 |
HOME > 映画 >

原作オタクから見たるろ剣・京都編/『るろうに剣心 京都大火編』レビュー(ネタバレあり)

というわけで見てきました、るろうに剣心京都編。
完全ネタバレですので(福山雅治とかも含め)、ご注意ください。

総評1/あらすじなど

面白かった度・・・★☆☆☆☆
(※原作厨視点)

あの、前回もそうですが、殺陣は本当に素晴らしかったと思います。殺陣は。殺陣の分の星1個。
実写のるろうに剣心は、キャラのビジュアルが「大体こんな」っていうのが多いように感じるので(剣心が紺色の着物になるとか、左之助が汚いとか、薫がポニーテールじゃないとか)、るろうに剣心を知らない人が前作に引き続き今作を見ると楽しいのではないでしょうか。

おおよそ端折られているものの、ピンポイントで大事なところは押さえて京都大火作戦まで進む感じですが、最後の最後が「ん?パイレーツオブカリビアンかな???」みたいな展開で、ぽかーん。というか、剣心が馬に乗ったところでこの映画の価値がどん底まで落ちた。許されない。
それに、煉獄しずまねぇのかよ!ガッカリだよ!まぁ月岡津南が出ていないので、爆弾とかないんですけども。あれがないと「機関部大破!スクリューシャフトが完全に折れました!」もできないわけなんだけども。

あとは蒼紫と御庭番衆がな……前作で観柳と絡めて出してない以上、しょうがないんだけど、剣心を狙う理由に値しないよ、あれは。
「拙者ともう一度戦え。そして拙者に勝って、最強の二文字を墓前に」というのが大事であって……御庭番の扱いが悲しい。私は悲しい……。

あと撮影場所が「あーこれ太秦映画村やなぁ~」って思うところがたくさんあって、行きたくなりました。
正直な話、オーディオコメンタリーできるほど各所にツッコミどころが多すぎるので、書ききれません……。

総評2/キャラクターについて

いったんこれだけは細かく書いておきます。

レギュラーメンバー

●緋村剣心(演:佐藤健)・・・50点
殺陣は100点。しかし馬に乗ってしまったのでアウト。50点減点。

●斎藤一(演:江口洋介)・・・30点
なんだそのブーツはなめてんのか

●神谷薫(演: 武井咲): 20点
お前いつから長物なんて使ってたんだ…という感じ。剣心との別れで寝込まないからダメ。
あと相変わらずポニーテールじゃないからダメ。

●相良左之助(演:青木崇高)・・・10点
相変わらず汚い。ダメ。二重の極みとか絶対使えない。
左之助に食われたトマトがかわいそう。

●明神弥彦(演:田中偉登)・・・?点
あまり見せ場がないので測定不能…戦いが見たいな。

●高荷恵(演:蒼井優)・・・60点
「私は死刑台を選ばせていただくわ!」はよかった。できれば大久保卿に直接言ってほしかったけど。
実写の恵さんは、22歳って感じがするけど、私は原作の28歳っぽい22歳が好き。

御庭番衆

蒼紫以外の京都勢が京都なまりでございまして。よく考えたら、拠点が京都の葵屋メンツが標準語だったことになんで今までギモンを抱かなかったのか謎ですが、でも標準語で育っちゃったからさぁ……。操の京都弁とかさぁ……。違和感しかないよ。

●四乃森蒼紫(演:伊勢谷友介)・・・70点
ビジュアルは◎。小太刀、拳法、殺陣はよかったができれば二の腕は見たくなかった。
修羅に堕ちた理由がこじつけすぎ。

●巻町操(演:土屋太鳳)・・・30点
京都弁って。お前誰だ。イタチっぽさがない。殺陣はよかった。

●翁(演:田中泯)・・・80点
トンファーかっこよかった!

●白、黒、増髪、近江女・・・測定不能
近江女(たぶん)がメガネってどうなん……。御庭番の忍装束がダサくて何とも言えない。

志々雄一派

●志々雄真実(演:藤原竜也)・・・60点
悪くない。でも声が藤原竜也で笑っちゃう、ごめん。リュークとかひきつれてそう。ごめん。

●瀬田宗次郎(演:神木隆之介)・・・100点
文句の付けどころがない……かわいい……。縮地ぴょんぴょん けんけんぱが超かわいい。

●駒形由美(演:高橋メアリージュン)・・・60点
思ってたより数倍よかった。もう少し日本人顔だったらよかったけど、生まれ持ったものはしょうがない。

●佐渡島方治(演:滝藤賢一)・・・80点
キチガイさが原作以上だった。なかなかよい。こいつなら爪食いちぎれる。

●本条鎌足(演:屋敷紘子)・・・0点
鎌じゃなくて刀使ってる。可愛くない。アウト。

●沢下条張(演:三浦涼介)・・・10点
咬ませ犬。ザコ。大阪弁がめっちゃ変。わかってたけど三浦君じゃいろいろ合わないんだよ…。
殺陣頑張ったので10点。

●悠久山安慈(演:丸山智己)・・・50点
ちょっと細い。もっと筋肉がほしい。伝説の最期編に期待。

●魚沼宇水(演:村田充)・・・50点
ビジュアルはいい。ティンベーとローチンをちゃんと持っている。
しかし志々雄を狙う姿勢が全くないのでダメ。こちらも伝説の最期編に期待。

●その他十本刀・・・測定不能
判別が難しいのと、あまり映らないので測定不能。伝説の最期でどうにか見出したい。
夷腕坊はなかなかよさそうだった。横幅が足りないけど。不二はしょうがないとは思うけど小さい。
偏也はあの鼻の形を出そうと頑張ってた。努力は買う。才槌が謎。どれが才槌かわからん。

その他

●新井青空(演:渡辺大)・・・70点
頑張ってた。その意気やよし。優男っぽさがもうちょっとほしかったかも。

●新井伊織・・・40点
赤子に罪はないのだが、「ごじゃるぅ」「ばいばいのあくす」がなかったのでこの点数。
もう一度言うが、赤子に罪はない。

●新井赤空(演:中村達也)・・・100点
めずらしく原作ビジュアル重視(?)の、いい赤空だったと思います。
刀に彫ってあった句が丸文字っぽくてかわいかったです。

総評3/セリフのこと

原作で出てくる名言は、使うなら改変しないでほしいというのが私個人の意見なのですが、るろ剣の実写は「大体こんなこと言ってた!」みたいなノリなところがあって、そこが気になるところ。

栄治が村人に押されて志々雄一派を殺そうとするところ(そもそも村人がけしかけてたのもどうかと思うんだけど)、「最後の最後までおまえと村を案じ続けたおまえの兄上のような男になるでござるよ」ってなってて、いやそこは原作通り、「最後の最後までおまえと村を案じ続けたおまえの兄のような男になって、幸せになるでござるよ」、までないと報われないよな。大事なところ改編しないでほしかった。そもそも栄治の名前すら出ていなかったわけだが。

斉藤が一緒じゃなかったせいで、栄治はおそらく村に残ることになったのだろうが、そこなぁー…。村から連れ出してほしかったなぁー…。
ちなみに栄治役の子の泣き叫ぶ演技はすごかったです、お疲れ様、と声をかけたい。基本泣き叫ぶシーンしかなかったから、大変だったろうなぁ。
なお、尖角などというトンガリコーンは存在しませんでした。まぁそりゃそうよね。

あと恵さんの、「さよならすら言ってもらえなかった私の気持ちは、貴女にはわからないんだから」、聞きたかったなぁ……。

直前発表の福山雅治について

ええ~~~~っ何古何十郎なんだろ~~~~????(茶番)

どういうかもうそれしかいない。京都編で、「剣心と深い関わりがあり、物語の鍵を握っているらしい」(クランクイン)ってもう思いつかないよ…。

●赤空→出しちゃった
●清里明朗→死んでる

からなー。ここにきてオリジナルキャラ作ったとかだったらぶっ飛ばすよ……
ただし、翁に探し人をお願いするときは赤空のみだったので比古が最終的にどういう扱いかはわからないです、奥義とかはたぶん存在しない。(そもそも比古かどうかは100%確定ではない)
会社の人と「赤空じゃないかなー」って言ってたんだけど、赤空はめっちゃ生き写しみたいな人がやってらした。というか、最後の登場の仕方がさぁ……。なんやねんっていうさぁ……。
スタクレも「謎の男」だし。もう公表してくださいましよ……。がっかりだよ。

終わり

伝説の最期編は9/13(土)公開ということで、あと1か月ですか…。どうなることやら。
そもそも煉獄が沈んでいないので、比叡山で対決するという根底そのものが覆されているのですが、そこはどう処理するのかなぁ…東京で決着とかつまらないナリよ。あと左之助と安慈が顔を合わせていないので……うん……。そこはもう半分8割あきらめたけど……。
でも志々雄vs剣心より、あの宗ちゃんと剣心の本戦はすごく楽しみなので端折らないでほしいです。後生です。お願いします。壊れる瀬田宗次朗君見たいです。

関連リンク

同じカテゴリの記事

映画

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事