2012/10/07 |
HOME > 展示レポート >

「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきたよ!

10/8(月・祝)まで開催中の特撮博物館に行ってきました!
9:30から15:00過ぎまで、見たり聞いたり並んだり買ったり合計5時間半ちょい…!
いやー疲れた!ぶっちゃけ疲れた!充実しすぎてて頭パンクしそうで疲れた!でも行ってよかったです!!

■公式サイト「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」

平日でも相当混んでいると聞いていたので開館1時間前到着をめざし到着したのは9:15くらい!()
入場開始までにすでに200人は並んでいたのかなーという感じで(私はたぶん100人以内には入ってた)、おそらく混雑回避のためだとは思いますが準備でき次第開館という流れでした。
この展示のチケットはコンビニやオンラインで前もって買っておくことができるので、私はセブンイレブンで買ってから行きました。
今回だけにとどまらず、前売りとか事前購入とかはできるだけしていった方がいいですよねーとしみじみ思っているところです。
なお、15:00過ぎに美術館を出ようとしたときは、チケット購入まで35分/展示入場まで120分という舞浜顔負けの待ち時間になっていました。
朝苦手な人でも、こういう人気展示はアサイチで行った方がいいですホントに。

大まかに

展示の内容は、ゴジラ、モスラ、ウルトラマンなどなど東宝作品がメインなので、結構大人向けの内容だったと思います。来場者も、20代後半以降の男性が多かったイメージです。
ウルトラマンも初期メンしかなかったし(コスモスとかティガとかいない)なーと思っていましたが、そんな中、お父さんの手を引きながら「あれZATガンだ!」と言ってるキッズもいたりして、「案外受け継がれているものなのかもしれないなぁ」と思いました。
私はリアルタイムで見たことあるやつ1個もありませんでした。周りの方々はいくつか「あー!」ってなってたみたいですが…w

フォロワーさんにおすすめしていただいたので、こういう展示系で初めて音声ガイドを使いました。
ナレーションは清川元夢さん。ふしぎの海のナディアのガーゴイルの方です!とっても聞きやすく、心地いいナレーションでした。
説明箇所は全部で70か所。本当に聞き終わるのかよと思いますが、大丈夫です、全部聞き終わります。
一人の人は電話の受話器みたいに使ってくださいって言われましたけど、ペアの人が使う用のイヤホン穴がついているので手持のヘッドホン接続して聞いてました。
聞いてる最中ずっと耳に当ててるのめんどくさいし…。

ゴジラもウルトラマンもガメラもちゃんと見たことないけど嫌いっていう概念はないんですが、モスラの幼虫体だけは死ぬほど苦手で、本当に苦手で、ゴジラやガメラと違って人が入るサイズの展示がなくてよかったと心底思ってます。
リアルすぎんねんアイツ… いやすごいことなんですけど ホントにリアルすぎてキモいんですよ… うえええ

展示は、『海底軍艦』や『宇宙大戦争』などのロケット系からスタートし、
その後『ウルトラマン』やその他ヒーローまで一通り見た後はいよいよ『巨神兵 東京に現わる』の上映とそれに関する絵コンテやダイジェストムービー展示に突入。
それを堪能した後は特殊美術倉庫や特殊技術系の展示へと流れていきます。特殊技術のコーナーに入ると、『巨神兵 東京に現わる』の爆破されたビルの模型や、巨神兵ちゃん、綿で作られたきのこ雲などを見ることができます。

特殊美術倉庫に入ったとき、なぜか泣きそうになりました…なんだったんだろうあの感じはw
ここには、つい最近の作品『ローレライ』や『私は貝になりたい』でも使われた戦闘機や潜水艦なども展示されています。
特撮は、怪獣作品やヒーロー作品だけではないのですね…しみじみと感じました。

巨神兵 東京に現わる

今回の目玉である「巨神兵」と『巨神兵 東京に現わる』ですが、10分の本編を見たあとで15分の制作ダイジェストムービーも見ることができます。
本編は映画形式(巨大スクリーンで見れる)で繰り返し繰り返し流されている+入れ替え制は導入されていないので、途中で出くわした方は次回公演を待つこともできますし、立ち見で見づらい方が前方に移動して続けてみることも可能です。
私は1回立ち見2列目で見た後、座りの最前列でもう1回見ました。あれは何度でも見れる。
制作ダイジェストは、大型テレビが2台壁にかかっていて、そこで映像を繰り返し流しています。
また、本編撮影の際に使われたセットや巨神兵もたくさん展示されていました。本編とダイジェストをしっかり見てから進むと、「あ!これか!」となるので、この辺は飛ばさずにじっくり見て正解でした。あの本編映像はどっかで収録されたりしないんだろうか…
今回の作品を作るうえでのルールは「CG禁止」。巨神兵も、東京のセットも、何もかも実物(ミニチュア)で表現されています。
爆破や火の粉、巨神兵の吐息、作中に登場する犬に至るまで、すべてが手作り。手作りだって悪くないじゃん。というか、廃れさせたらダメなんじゃん。ってひしひしと感じましたね。

巨神兵ちゃんの等身大もおいてあるんですが、お目目が緑に光っていて目があってしまうとマジで怖いです。石になりそう。

ミニチュアセット(写真多いです)

唯一写真OKミニチュアセットの写真をずらーーーっと並べます。
場所は西荻窪?新宿界隈なことは間違いないようです。小学生くらいの男の子が「都バスが走ってて、この看板だから、たぶんあの辺で間違いないな!」と言っていて、いい素質持ってんジャン!と思いました。


▲ミニチュアセットマップ。









▲セットの外側から。外側からの写真には特に列はありませんでした。
マップでいうと、下の長辺あたりです。





▲こちらはキューラインにて撮った写真。
各種ミニチュア看板など。
巨神兵で写真を撮ってたモブは薄っぺらい写真でした。










▲この辺は町並みをいくつか。
信じられるか…?これ、ミニチュアセットなんだぜ…。


都バスさんが…




▲先ほどの外側から撮った写真のちょうど反対側から撮ったもの。
歩道橋の向こう側はセットの外になります。





▲折れた東京タワー(+付近)。
ちなみに、特撮作品の中で東京タワーを一番最初に折ったのはモスラ(幼虫期)だそうです。
このセット細かくできててすごいんだけど、空が短すぎて東京タワー全部入れようとすると美術館の壁入るし、壁入れないようにすると東京タワー全部入らないしでちょっと残念でした。



▲西荻窪駅




▲カメラのファインダーも何ものぞかず、手を上に伸ばして撮ってみたやつ。
ちょっと空中撮影っぽく見えるかなぁ… 身長と腕の長さがほしい…


▲部屋の中からミニチュアセットを撮ってみようのコーナー


▲撮影チームのサインボードもありました

5時間半の感想

普段私が「好きだ!」と言っている特撮は、スーパー戦隊と仮面ライダーでしかなくて、ウルトラマンやゴジラなどは完全に畑違いでした。
なので、全然作品のことも知らないし、見たことないしってことが多かったのですが、この展示を見終わって、東宝チームの方が作品で体はってる印象を受けました。
ゴーカイジャーでゴーカイオー合体時のフルCGに感じていた違和感の正体もわかったような気がします(口では説明できないけれど)。
ウルトラマンが投げ出されてミニチュアセット壊してるとか、バク転してるとか、たぶんそういう映像の印象も強いんでしょうけど、ニチアサじゃ巨大化した人がバク転するなんてまずありえないんですよね(怪人もロボットも装飾多くて動けないから…)
東宝と東映で作ろうとしているものが全然違うから当たり前なのでしょうけど、ニチアサ特撮舞台はもうちょっと体はってもいいし、もうちょっとミニチュアに精魂込めてもいいかもしれないなぁと思いました。

余談ですが、紹介しきれなかったヒーローとして、一番最後にウルトラマンなどのフィギュアをずらっと展示しているブースがあったのですが、そこになぜか東映の人たちも混ざりこんでたのが面白かったですw
しかも、こういう時って大抵スーパー戦隊だったらゴレンジャー、仮面ライダーだったら昭和ライダーがおかれそうなもんなのに、スーパー戦隊代表はなぜかサンバルカンとゴーバスターオーw
仮面ライダーは、1号やアマゾンなどの昭和ライダーに付け加えて一部平成ライダーも展示されており、電王以降の平成ライダーはいませんでしたがファイズやカブトなど、なぜ君たちがwwwという展示チョイスで笑ってしまいましたw

今回は東宝シリーズだったので、いつか東映シリーズもやってほしいなぁと思うのですが、東映シリーズって大人向けのやつあんまりないからキッズであふれちゃいそうだし、たぶん現代美術館はそれだったらやってくれないだろうなーとなんとなく考えています。
でもゴレンジャーからゴーカイジャーに至るまでの流れとか絶対面白いと思うので、どこかで展示やってくれないかなぁ。
歴代戦隊のスーツ全部展示しますとかだったら這ってでも行くのになぁー。

そんなわけで特撮博物館の展示行ってきた記事でした。
残念ながら10/8で終わってしまうので「是非行ってみてください!」とは言いづらいのですが、もし行かれる方がいらっしゃいましたら
・アサイチ(10時オープンだったら9時には美術館着を目標に)での参戦
・朝ご飯はきっちり食べること
・音声ガイドは使うべき
っていう3点推しておきますね…

次の記事に関しては決めてないですが、遅くても11/3から始まるチョコレート展レポとか書けるかなー書けたらいいなーと思ってます。
今度レポ記事書くとしたら、「あと1日で終わるので急いで行ってきてください!」っていうのがないタイミングにしたいですねw
( ΘωΘ)ノ ではまた。

同じカテゴリの記事

展示レポート

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事