2012/08/19 |
HOME > 展示レポート >

「アートアクアリウム展」のすゝめ

アートアクアリウム展のすゝめ

昨年開催された「アートアクアリウム展」が、今年も日本橋に帰ってきました!
とても癒される空間です。どこ見ても金魚しかいない。昨日から開催されており、行けるときに行かないと行きそびれてしまうので、早速行ってきました!

私は電車1本で東京メトロ 日本橋駅まで行けるので、日本橋駅から歩きました。B12番出口を出て、三越方面に歩いていってください。
私が馬鹿なだけかもしれませんが、迷子になりやすい方には注意してほしいので一応書いておきますと、日本橋三井ホールっていう建物はありません。三越をそのまま通りすぎてまっすぐ行くと、COREDO室町ってビルがありますので、そこの4Fから入ることができます。
今日フラフラしていたら同じように日本橋三井ホールを見つけられないカップルもいたので、もしかしたらトラップかもしれません。
 
ちなみに、最寄駅から日本橋直結してないよって人は、銀座線/半蔵門線の三越前駅の方が断然近いですのでそちらをおすすめします。どちらにしても、目指すはCOREDO室町です。
あと、前売り券を買っていくと200円引き(大人は800円になります)で入れて、前売り券特典としてポストカードがもらえます。安く入りたい人は、お近くのローソンなんかで前売りを買ってから行くのがいいかもです。
さて本題の展示ですが、金魚すくいなんかにいそうな金魚から、出目金、ランチュウなんていうお高い金魚まで、本当にいろんな金魚がいます。私が好きだなーと思ったのはピンポンパールとショートテール出目金。
ピンポンパールはその名の通り、ピンポン玉みたいに真ん丸な子です。
ショートテール出目金は色合いがミッキーとミニーさんみたいだなーと思ってずーーーっと眺めてました。かわいいかわいい。
 
↓入口にいる出迎え水槽

 
↓ピンポンパール

 
↓ショートテール出目金

 
↓水泡眼

(ちなみにこの水泡眼さんは出目金みたいに目玉が飛び出ているのではなく、目の下のほっぺ?みたいなのが膨れてるようです。関係ないですが、これを見てた時に「これ私が飼ってるやつだー、水泡眼!」っていう女性がいらっしゃって、さぞ金持ちなんだろうなとか思ってませn)
 
フラッシュ撮影と動画撮影は禁止されてますが、それ以外だったら撮影はOKなので、デジカメでも一眼でもケータイでスマホでも、お持ちのカメラで撮影すると楽しいと思います。
ただ金魚の水槽を並べてるだけではなく、照明なんかも凝ってますので1つずつじっくり見てるといいですよ。
 
最初の展示廊下の水槽は照明が青くなる時があるのですが、「金魚=赤系」とか青いと暗くなって写真が取れないとかで、私が見ている時の周りは常に青照明disられていました…。個人的には悪くないと思うんだけどな。。
あと、順路というものが存在しないので、もし最初の展示廊下が混んでて道が詰まってたら先に花魁(巨大金魚鉢)を見に行ったりすることもできます。(あまりに混雑してると係員さんがそれを呼びかけていることもありますw)
まぁ展示の目玉は花魁だろうし、時間をかけてでも展示廊下を先に見ちゃうというのもあると思いますが…
ちなみに再入場はできませんので、これでもかって見尽くしてから出ないと後悔するかもしれません。
さて、目玉でもある、花魁をはじめとする大型水槽は去年よりもパワーアップしてました。
 
↓花魁

 
今年は華魚撩乱(公式サイト参照)みたいな場所を取るタイプの新作があったので花魁の場所が端っこに追いやられてましたが、大型水槽はとにかくこれでもかってくらい金魚が投入されてますw
画像はシンプルに花魁の赤照明のときをあげてみましたが、照明で水槽がいろんな色に染まるのでとてもきれいです。
また、禅アクアリウムという巷で噂のプロジェクションマッピングが導入された壁掛け水槽なんかもあります。
四季が表現されていてとてもきれい(ときどきプロジェクションマッピングの映像に紛れすぎて金魚(鯉)見失いますけど)。
 
↓禅アクアリウム

(これは梅雨のシーンの写真です)
 
写真貼りだすときりがないのでそろそろやめますが、夏の避暑にアートアクアリウム展、いかがでしょ?
ちなみに夜はナイトアクアリウムというのも開催されますが、もうリア充しかいないようなイベントな気がしてるので行ける気がしません…wもし行った方、行く方いらっしゃいましたら感想をお聞かせくださいな(・ω・)
私は通常展示にあと1回くらい行けたらいいなーと思ってます。
あとお金持って行かなかったのでプログラムを買えず、買わないまま通すか買ってしまうかも悩み中です。
去年プログラムの販売自体がなかったもんなー。写真見るのが好きなので、ちょっと気になってはいるんですよね…お金ないよ…orz
 

関連リンク

同じカテゴリの記事

展示レポート

関連タグの記事



匿名でメッセージなど送れます。
感想など一言投げていただけると嬉しいです。
お返事はTwitter経由で行っています。

フォロー/シェアしてもらえると嬉しいです

Feedly B! Hatena

今日読まれている記事

新着記事