2015/11/29 |
> ほぼ日手帳 >

【DIY】30分でできる!スタバの紙バックでブックカバーを作りました【スタバじゃなくても応用可】

「てちめも」への訪問ありがとうございます。タチバナ(@tcbn___)です ☻

来年のほぼ日手帳をEDiTからモレスキンのデイリーに変えました。
少しノートのサイズが変わってしまい、去年今年と使っていたスタバのブックカバーが使えなかったので、それならばと作ってみました。

参考にしたのはこちらの記事です。

どこの紙袋でも大丈夫だと思います。作りたいサイズにあってさえいれば。

用意するもの

  • ブックカバーにしたい紙バック
  • ハサミ、カッター
  • マスキングテープ(なくても大丈夫)

紙バックはできれば綺麗なものがいいと思いますが、折り目とか気にならなければどんなものでもかまいません。

作り方

上記の参考記事さんで解決するんですけど、まぁ自分のためもあるので。

1.紙バックを広げます。

この時、持ち手も取っ払ってください。
※雑に引っ張るとバッグが使い物にならなくなるので注意。

追記:
今回は折り込んだりするのを想定してつなぎ目の部分で切って広げてます(紙が重なってる部分が端に来るように切ってます)が、表紙をどこに持ってきたいかで開く場所は都度変えてくださいね。

取っ手がついてたとこ。分厚めですね。

2.本のサイズと、カバーとして使いたい柄の箇所を合わせながら折り目をつけます。

わたしはスタバのロゴマークが入るようにしたかったのでこんな感じ。
ほぼ日にはチケットの半券など貼り付けて分厚くなるので、あえて最初はロゴが少し内側に入るようにしました。

3.折り目を見ながら不要な部分を切ります。

少し分厚くなっても構わないようなら、内側に折り込むだけでも大丈夫です。

4.端をマスキングテープで処理

上下も折り込んだ状態。
大体の位置が決まったら、裏側をマステで固定します。

やらなくてもいいと思うんですけど、やっといたほうが端が汚くならないかなって。
今回はmtの6mmテープを使ってます。6mmあれば十分。

裏側を固定する際の注意ですが、下の写真の黄色の四角でかこんだ部分は固定しないほうがあとから表紙を挟み込みやすいと思います。
オレンジの四角以降はなんの影響もないのでなんも考えず固定してしまって平気。まぁようは個人差ですねw

黄色の部分で表紙を挟んでる状態。
端はぐるっとマステで囲ったほうがキレイです。

裏表紙のゴムも活躍できるように装着します。

上から見た図

5.本に装着、完成

というわけで完成です。

←表裏→

おわり

所要時間は30分ほどです。写真撮りながらなのでキッチリ測ってないんですが、まあ30分もあれば終わると思います。
慣れればもっと早くいけるかも。

文庫本のカバーも、いちいち本屋でもらうのもなんなので作ってしまうといいかもしれません。自分でつくるから、サイズはぴったりのものを作れるし、お金もかからないし。
ブックカバーて悩んでる人いたらためしてみてくださーい(o’ω’)ノ

今日読まれている記事


ご意見ご感想などは頂ける場合はこちらから
カテゴリ:ほぼ日手帳
関連タグ: